チェーン店の安定感が光る『源士林粥品』でお粥という名の雑炊を食べる

源士林粥品 西門町 グルメ

台湾に来てすっかりお粥にはまってしまい、ネットでお粥のお店を探してたどり着いたのが、ここ『源士林粥品』(西門店)です。

兄弟なのか友達なのか、親しそうな2人のお兄さん(おじさん?)たちが店を切り盛りしていました。いい感じの写真になりました。

いかつめな店員たちに比べて、マスコットの虎やメニューのイラストが可愛らしいというギャップのあるお粥屋さん『源士林粥品』(西門店)をご紹介します。

スポンサーリンク

『源士林粥品』とは

安心のチェーン店

結構大きなチェーン店のようで、台北車庫駅前や小南門駅近くなど、いくつも店舗があります。

郊外の桃園市にもあったりして、google mapで検索してみたところ、20店舗ほどあるようです。

公式WEBサイトもあり、メニューも載っているので事前に見てから行くことをオススメします。可愛らしいイラストで食材が記載されていて分かりやすいです。

源士林粥品の公式WEBサイト(メニュー)

『源士林粥品』(西門店)

源士林粥品 西門町

狭い路地にある『源士林粥品』の西門店です。

小さな看板ですが、『粥』の文字が目印です。

場所はこちら。

月曜から土曜までの11:00~21:00で営業しています。(日曜定休)

店内は結構きれい

源士林粥品 西門町 店内

大きめのチェーン店だからか、店内は綺麗でした。(店自体が新しいのかも?)

店の入口で注文・支払いをして、店内で待っていればお粥が運ばれてきます。

スポンサーリンク

『源士林粥品』でお粥を食べてみた

メニューが可愛くて分かりやすい!

源士林粥品 西門町 メニュー

中国語のメニューはなかなか慣れず、意味が分からないものも多いです。

しかもこのお店の商品名は、食材がそのまま付いているものもありますが、意味の分からないもの(大哥大とか、これって台湾モバイルのモバイルって意味じゃ?)も多いです。

このイラストが可愛いメニューは分かりやすくてありがたい!

これならお粥に入っている食材が一目瞭然で分かりやすく、店の入口に置いてあるので指差せば注文できます。

お粥を注文し、店内か持ち帰りか、揚げパンを入れて良いか(無料)を聞かれます。そしてお金を支払って出来上がりを待ちます。

店員さんが慣れた手つきで、ご飯とスープを超火力で加熱し、具材を入れて、2~3分で完成です。

海鮮粥「大哥大」

源士林粥品 西門町 海鮮粥

モバイルという意味じゃないの?という大哥大です。85元(320円)です。

揚げパンも入れてもらいました。

海鮮粥のカテゴリーにあり、イカやエビやカニなどの海鮮と、セロリや卵が入っています。

源士林粥品 西門町 海鮮粥

スプーンですくうとゴロゴロと海鮮が出てきます。

このお店のお粥は、お粥という名前ですが、雑炊と思った方が日本人には納得できると思います。

海鮮鍋の〆の卵雑炊。もう絶対に美味しいですよね。

ピータン粥「皮瘦」

源士林粥品 西門町 ピータン粥

ピータン粥「皮瘦」70元(270円)です。

すっかりピータン粥にはまっています。こちらも雑炊です。

ちなみに、ファミマのピータン粥はちゃんとお粥です。

▼ファミマで買えるピータン粥はコチラ

台湾コンビニで買える!激ウマでコスパ抜群の絶品お粥
飛行機を降りて、台北に到着したのは現地時間夜中の0時…さすがにどこのお店も空いていない。小腹が空いて寝れそうにないので、近くのファミリーマート(台湾では通称「全家(チュエンジァ)」)へ。「夜中なので優しい食べ物…」と探していると、中華粥を発...

 

でも雑炊は雑炊で美味いんです。

源士林粥品 西門町 ピータン粥

ピータンがどっさりと入っており、薬味のネギが良いアクセントです。

お粥に揚げパンというのも、炭水化物オン炭水化物じゃん!と思うのですが、これが美味しい。揚げパンが水分を吸ってしなっとなるのもいい感じです。

干し貝柱&野菜粥「宿霧菜粥」

源士林粥品

干し貝柱のダシが効いた、キャベツとセロリ入りのお粥です。

キャベツがシャキシャキしています。

きのこ粥「菇多」

源士林粥品

きのこが8種類くらい入っているお粥です。

干しきのこなのか、味が

ボリュームがあるので香辛料で味替え

海鮮粥85元、ピータン粥70元とちょっと高めなのですが、その分、結構なボリュームがあります。男性でも1杯で結構な満足感がある量だと思います。

その分、途中で味に飽きてしまいがち。

 

源士林粥品 西門町 香辛料

鍋の〆の雑炊を食べるときにも、七味やコショウやラー油で味替えをすると思いますが、こちらのお店のお粥(雑炊)でもそれができます。

各テーブルにはコショウと唐辛子が置いてあり、これをちょっとかけて食べると、味が変わって飽きずに完食できます。

源士林粥品 西門町 香辛料

一味というより、唐辛子の粉砕という感じがワイルドです。

スポンサーリンク

西門町のお粥比べ

『源士林粥品』(西門店)はちょっと高めですがボリュームがあり、チェーン店の安定感がある味と店内でした。メニューも豊富で分かりやすいです。

一方で、コスパが良いのは「國賓鹹粥」の塩粥だと思います。塩粥30元、卵入りでも40元は安いです。こちらはメニューが少なく、店内も綺麗とは言えないところはマイナスポイントです。

台湾で美味しいお粥「國賓鹹粥」安心の味と値段
結構脂っこいガッツリ系の食べ物が続いている台湾旅。優しいお粥が食べたいとやってきたお粥のお店。西門駅から300mくらいのところにある「國賓鹹粥」。 毎日食べたい安心の味とコスパ ノーマル塩粥は30元(約110円)という安さ この店、日...

 

台湾に来てからすっかりお粥にはまっています。美味しい。

みなさんもぜひ台湾でお粥を食べてみてください~!

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー