台湾スイーツ絶品トロっと胡麻団子「湯圓世家」

グルメ

西門周辺をぶらぶらしていたらたまたま見つけた台湾スイーツのお店でしたが、かなり美味しかったのでご紹介します。

スポンサーリンク

地元の方に愛されるお店

すでに前に数人並んでいましたが、若い女性の方が一気に10個くらい持ち帰りオーダーしていました。お家でお友達や家族と食べるのでしょうか。とても地元の方に愛されるお店なんですね。

スポンサーリンク

冬は温かい胡麻団子スイーツが推し!

冬季メニューをご紹介

季節は2月初旬、今年は台湾人の皆さんがびっくりするほど寒いそう。といっても10度前後ですが…街歩きしてると結構冷えます。お店の目立つところにも温かい冬季メニューが。

先頭にずらっと並ぶのが胡麻団子系です。私と夫で1杯づつ、「芝麻圆花生湯」と「综合圆蓮子湯」をオーダーしました。

総合的なバランスが◎

「综合圆蓮子湯」(70元=約260円)

タピオカやモチモチの芋圆(イモの餅)、ハスの実(ホクホクの大きい豆のよう)、すべての具が美味しいです。甘さ控えめで、このボリュームでも全然食べきれます。

「芝麻圆花生湯」(70元=約260円)

こちらは胡麻団子と落花生。この胡麻団子がとっても美味しい。

トロッと甘い濃厚な胡麻があふれ出す胡麻団子です。スープは甘さ控えめで、落花生はホクホク。総合的なバランスが本当に素晴らしいです。

台湾では何のことはない街中の甘味処のクオリティが本当に高くて驚きます。ぜひお試しを!

スポンサーリンク

再訪:このQQな物体はなんだろう

今度はテイクアウトしてみました。

「综合圆二号+花生绿豆」(55元=約205円)

相変わらず美味しいです。今回は胡麻団子は入っていませんが、個人的には白玉より好きなモチモチの薄紫の「芋圆」と…

ちょっと透き通った白い…しっかりQQな食感がたまらない、この…名前がわからない。とにかくこれが好きなのです。

スポンサーリンク

再再訪:台湾でポピュラーな真っ黒い「仙草」とは

家に近いこともあって使い勝手がよく、またまたテイクアウト。今回は台湾でよく見かける真っ黒い「仙草」のデザートを注文しました。

テイクアウト用に、カリカリの落花生を別袋に入れてくれました。

「综合圆焼仙草」(50元=約185円)

「仙草」はゼリーみたく固形になっている場合と、こんな風に液体になっているバージョンがあります。

でも、液体も冷えてくると片栗粉みたいにプルプルととろみがついてきます。私は仙草の味がよくわかる液体のアツアツのが一番好きです。味の説明が難しい…ほんのり甘くて少し漢方薬っぽい味です。美容によさそうな味といいますか…私は好きです。

そもそも「仙草」って何だろう?と調べてみたのですが、どうやらハーブの一種のようです。昔から、解熱、糖尿病、高血圧、風邪、関節炎、筋肉痛などに効果があると言われていたそうですが、本当だとしたら万能すぎます。

是非食べてみてほしいです。

スポンサーリンク

再再再訪:ついに冷たいデザートに移行

家に近いこともあり、この店のヘビーユーザーになりました。そして3月も下旬になり毎日最高気温27度前後。ついに冷たいデザートが欲しくなってきました。今回は「仙草」の冷たいゼリー&ミルクをオーダー。

仙草鮮奶凍(55元=約205円)

これは仙草ゼリーとミルク氷にトッピングを2種選べるというもの。

トッピングは私の好きな「芋圆」とよくわからない四角い透明の黄色いやつにしました。(指差しで注文できるのでちょっと冒険。)

見た目はコーヒーゼリーですが、仙草ゼリーはあまり味がしないので、本当にすっきりしています。物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、私は仙草ゼリーのほのかにする独特の味が好きです。「よくわからない四角い透明の黄色いやつ」はパイナップル味のナタデココみたいな味でした。ちょっと甘すぎた感がありました。

夫は下記を注文。

伝統豆花(40元=約150円)

氷入りの冷たい豆花に2種類トッピングできるというもの。

先ほどの「よくわからない四角い透明の黄色いやつ」の緑verと檸檬風味の愛玉ゼリーを選びました。愛玉ゼリーを入れたことにより、かなり爽やかな味に。いい感じです。ただ、緑のやつは黄色いやつと同様ちょっと甘すぎて飽きました。

 

湯圓世家

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



台北ストーリー