日本人にも大人気!『趙記菜肉餛飩大王』の特大ワンタン

グルメ

西門駅近くの餃子屋さん、前を通るといつも繁盛していました。

後から調べてみると日本人にも大人気のお店のようです。

驚くのはワンタンの大きさ!日本人にとってはワンタンというより水餃子の方がイメージが近いと思います。

これまでの概念を覆す特大ワンタンについてご紹介します。

スポンサーリンク

目印はワンタンを包む店員さん

大賑わいの店頭

お店の前は、ワンタンを包む店員さん、順番待ちをするお客さんで大賑わいです。

左右の2部屋がお店になっており、仕切っている店員さんが、あっち、こっちとお客さんを振り分けます。

 

お店の前にはワンタンを茹でている店員さんも。

次々に湯だったワンタンが丼に入れられて運ばれていき、食欲が誘われます。

スポンサーリンク

2種類のワンタンを食べてみた

『趙記菜肉餛飩大王』のメニュー

「菜肉餛飩」が看板メニューで、大=10個、中=8個、小=6個です。今回は中=8個を注文しました。

他にも、麺類やスープ、小菜もあります。この中から鮮肉餛飩湯(スープ)小を注文しました。

 

こんな感じで欲しいものを紙に書いて注文します。

菜肉餛飩

菜肉餛飩(中)、130元(500円)です。

写真では伝わりにくいものの、日本人がイメージするワンタンの大きさではなく、水餃子より一回り大きく、レンゲからはみ出るほど!

しかももちもちの皮は厚めでボリュームありです。2人で中サイズでもかなりの満足感があります。

味も文句なく美味しい。

そして気になるのが、ワンタンや水餃子には見慣れない、錦糸卵と海苔。

これが良いアクセントになり、しかも日本人に食べ慣れた味で親近感が沸きます。日本人にも人気がある理由はこれだと思います。

鮮肉餛飩湯

鮮肉餛飩湯(小)、40元(110円)です。

こちらは日本人がイメージする普通のワンタンですが、スープがとても美味しいです。

菜肉餛飩とは、ワンタンもスープも違うので、こちらも試してみてください。

辛味は追加できます

卓上には辛味を足せる調味料もあるので、少しずつ足すとワンタンを飽きずに食べられます。

 

趙記菜肉餛飩大王

毎日8:00~21:30まで営業です。

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー