士林夜市で食事するなら地下美食区がオススメ!

士林夜市グルメ

故宮博物院からの帰りに、台湾最大の夜市と言われる士林夜市に行ってきました。

午後から故宮博物院へ行き、夕方になったら士林夜市で散策と夕食というのは定番ルートだと思いますが、さすがは士林夜市。人!人!人ですごい混雑です。

雑多な雰囲気を味わいつつ、屋台で食べ物を買って立ち食いするというのも良いのですが、ゆっくりがっつり食事するには地下美食区(フードコート)の方がオススメです。

屋台で唯一買ったもち米ホットドックと、ゆっくりがっつり食事した地下美食区(フードコート)の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

士林夜市の地上を散策

屋台で食べ歩きと言えば聞こえはいいが・・・

士林夜市でB級グルメの食べ歩きとして、巨大フライドチキンやもち米ホットドック、台湾風冷やし中華、かき氷、牡蠣入りオムレツなどが有名です。

さらに色々な屋台が軒を連ねており、焼き小龍包、サイコロステーキ、大腸包小腸(巨大ソーセージ)などなど、食べ放題の様相です。

しかし、人がめちゃくちゃいる状態ですので、言うほど簡単に食べ歩きなんてとてもできないと思います。(特に土日は)

我々は、なんとか見つけたもち米ホットドックをいただきました。

大腸包小腸のもち米ホットドック

士林夜市 大腸包小腸 もち米ホットドック

士林夜市のB級グルメとして有名な大腸包小腸のもち米ホットドックです。

「大腸包小腸」という看板を掲げている屋台は結構な数を見かけるのですが、ほとんどの店舗は巨大ソーセージを売っているだけで、もち米ホットドックをやっているのは見つけた限りは1店舗だけでした。(日本人以外には人気がないのでしょうか?)

実はこのお店、某サイトを手がかりにして行ってみたもののそこに店舗は無く、全然別の場所で見つけました。

屋台という特性もあって場所は変わってしまうのかもしれません。そうなるとますます、士林夜市で地上を歩き回るのは疲れるだけにも思えました。

 

士林夜市 大腸包小腸 もち米ホットドック

とは言え、この大腸包小腸のもち米ホットドックはめちゃくちゃ美味しいです。

僕はもち米好きなので、ちまきもおこわも大好きという偏った目線はあるものの、このもち米ホットドックは本当に美味しかったです。士林夜市ではぜひ食べてみてほしい品です。

味がいくつか選べるのですが、僕はガーリックにしました。ガッツリ胡椒が効いていてピリ辛です。

難点は食べにくいこと!

ソーセージの皮が全然噛み切れない(ナイロンかと思った)のもあって、ソーセージが下へ下へと落ちていき、もち米ばかり食べる結果に。そして最後にソーセージが余る・・・。

熱いので大変なのですが、タオルやハンカチを使って、袋の下の方をしっかり掴んで食べた方が良いと思います。

スポンサーリンク

士林夜市でゆっくり食事するなら地下美食区へ行こう

地下美食区とはフードコート

士林夜市の西側にあるのが地下美食区(フードコート)です。

ここも人は多いのですが、テーブルと椅子があるので、ゆっくりがっつり食事ができます。ついでにトイレもあるので便利です。

地下美食区の中はこんな感じです。

士林夜市 地下美食区 フードコート

階段で地下に降りていくところは暗いので不安感がありますが、降りてしまえば、明るくて活気がすごいので安心できると思います。

食材が山のように積まれた飲食店、果物屋・ジュース屋がずらりと並んでいます。

店名不明だけど黄色のお店に入ってみた

士林夜市 地下美食区 フードコート

その中で、比較的お客さんが入っていた、とにかく黄色のお店に入店してみました。

お客をさばいているおばさんは少し日本語ができるようでしたので、日本人観光客もよく来ているのだと思います。

全体的に、味付けは台湾というより中華で、日本人の下にも合うと思います。

こちらがメニュー。黄色いです。

士林夜市 地下美食区 フードコート

値段的には高くもなく、安くもなく、普通のお値段だと思います。

メニュー量はかなり豊富で、台湾名物はもちろん、チャーハンやお粥も色々な種類があったり、おかず系も野菜、海鮮、肉と多いです。

町の中華料理屋といった感じ

メニュー豊富で、高くも安くもなく、中華料理の味付けといえば、どこの町にもある町の中華料理屋といった感じで、妙に落ち着きました。

先に言いますと、妙に落ち着く上に普通に美味しいので、この黄色のお店はオススメです。

頼んだメニューを写真とコメントでご紹介します。

士林夜市 地下美食区 フードコート 焼きそば

海鮮焼きそばです。

台湾に来てから味わっていなかったソースの味が懐かしくて美味しいです。海鮮の出汁も効いています。

 

士林夜市 地下美食区 フードコート 魯肉飯

魯肉飯です。普通です。

 

士林夜市 地下美食区 フードコート ピータン粥

ピータン粥です。揚げパンまで乗っていて炭水化物on炭水化物です。

これはかなり美味しいです。西門町付近のお粥屋さんは、お粥というより雑炊なのですが、ここの店のはしっかりお粥です。

 

士林夜市 地下美食区 フードコート レバースープ

レバースープです。

日本ではあまり見かけないと思いますが、これも美味しいです。レバーが苦手でなければぜひ!

 

士林夜市 地下美食区 フードコート 臭豆腐

揚げ臭豆腐です。

本当の臭豆腐は飲み込めなかった僕ですが、この揚げ臭豆腐は匂いがかなり弱く、食べられないことはないです。でも、あえて食べるほど美味しくはないです。

 

士林夜市 地下美食区 フードコート 青菜炒め

空芯菜のような青菜の炒め物です。普通です。

 

士林夜市 地下美食区 フードコート 酒蒸し

あさり(はまぐり?)の酒蒸しです。

普通に美味しいです。開いてない割合が高い気もしましたが・・・。

スポンサーリンク

まとめ

士林夜市といえば、B級グルメを食べ歩き!というオススメ情報が多いと思いますが、特に土日の士林夜市は混雑が半端なく、食べ歩いてなどいられません。

一方で、地下美食区には、テーブルと椅子があって座ってゆっくり食べられるので、士林夜市でしっかり食事をしたいのなら地下美食区へ行くことをオススメします。

今回ご紹介した黄色のお店は町の中華料理屋さんのような感じで、メニュー豊富、高くも安くもなく、台湾というより中華の味付けで、懐かしくて美味しくて満足できたのでオススメです。

士林夜市へ行ったら、地上の屋台街もよいと思いますが、地下美食区(フードコート)にも行ってみてください。美味しいものが待っていると思います!

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー