綺麗な店内は台湾人と観光客で満員『西門金鋒魯肉飯』

台湾 西門金鋒魯肉飯 グルメ

台北の安い食堂というと、半中半外のような綺麗とは言い難い店内な場合が多いですが、ここ『西門金鋒魯肉飯』は日本にあってもおかしくないくらいの小綺麗な店内です。

西門駅からも近く、綺麗な店内で入りやすいので、台湾(海外)が初めてという方にも受け入れやすいお店だと思いました。

台湾名物の魯肉飯や鶏肉飯をいただいてきたのでご紹介します。

スポンサーリンク

『西門金鋒魯肉飯』で台湾ご飯を味わう

台湾名物といえば魯肉飯

台湾 西門金鋒魯肉飯

台湾名物の筆頭にあがるのは魯肉飯だと思います。

『西門金鋒魯肉飯』の魯肉飯は、細切り肉なのが特徴的です。普通は荒いひき肉みたいな感じだと思います。

また、大サイズ50元(190円)と小サイズ30元(110円)が選べるのも良いです。小サイズにしておいて、色々なメニューを注文することをオススメします。

鶏肉飯もお忘れなく

台湾 西門金鋒魯肉飯 鶏肉飯

魯肉飯を小サイズにして、鶏肉飯(チーローファン)も頼むことをオススメします。

鶏肉飯は大サイズ60元(230円)と小サイズ35元(130円)です。こちらも小サイズを注文。

魯肉飯よりもあっさりしています。

人によると思いますが、我々夫婦はふたりとも鶏肉飯の方が美味しいと意見が一致しました。

サイドメニュー

台湾 西門金鋒魯肉飯 あさりスープ

こちらは蛤入りチキンスープ60元(230円)。

はまぐりしか見えていませんが、結構大きめの鶏肉が沈んでおり、ボリュームがあります。

魯肉飯や鶏肉飯と比べるとスープ物がちょっと高めに感じるのですが、スープは美味しく、具だくさんです。

台湾 西門金鋒魯肉飯 青菜炒め

こちらは茹で青菜30元(110円)。

箸休めにぴったりだと思います。

スポンサーリンク

『西門金鋒魯肉飯』に行ってみた感想

小奇麗で使いやすいお店

台湾の食堂は、安い・早い・美味いが揃ったお店が多いですが、その分、店内は綺麗とは言い難い場合が多いです。

西門駅の近くにあり、小綺麗な『西門金鋒魯肉飯』は、綺麗好きな日本人でも違和感なく利用できる、使いやすいお店だと思います。

味も決して悪くなく、魯肉飯や鶏肉飯などの台湾名物料理を手軽に味わえます。

店内は地元民だけでなく、観光客(日本人)も多かったのは、そういう理由だと思います。

『西門金鋒魯肉飯』のお店情報

西門駅の6番出口から徒歩3分ほどの近場にあります。

毎日10:00~22:00で営業しています。

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー