いつも人だかり「阿宗麺線」は味を変えて楽しめる

グルメ

西門駅周辺を散策していると結構な人だかりが。みんなお店の前で、立ちながら温かい何かを食べている…。小雨で少し体が冷えていたので思わず買っちゃいました。

スポンサーリンク

「阿宗麺線」の温かくて優しい「麺線」

「にゅうめん」みたいだけど、ちょっと違う「麺線」という食べ物

「阿宗麺線」大碗 (70元=約260円)

メニューは「阿宗麺線」の大碗と小碗のみ。シンプルです!

魚の出汁が利いたスープにホルモンとパクチーが入ったにゅうめんのような感じ。優しい味で、体も温まります。沁みる…!

「大碗」を頼みましたが、大きい…普通にラーメン一杯くらいあるのでは。食べ終わるのに結構時間かかりますのでご注意を。でも、この量で260円とは、コスパ最高です!

優しい味にパンチをプラス!味を変えてみよう

タレは向かって左から、チリ、ニンニク、黒酢

お店の2か所にタレが設置してあり、地元っぽい方々がどんどん投入していたので、真似してみました。タレを足すのが前提で、この優しい味なのか…そもそも量が多いので、味を変えながら楽しむのはとても理にかなっていると思います。

まずチリ、結構辛いので注意。でもうまい!

次はニンニク、これはかなりのパンチ…!入れすぎ注意です。

最後に黒酢、個人的にかなり好み。ツンとしすぎず、いい具合に味を変えてサッパリとします。

濃い味が好きな方は、この調味料を入れないと物足りないかも?

実は私の「麺線」初体験は日本だった

「麺線」という食べ物、日本ではほとんど見かけないと思いますが、実は初めて食べたのは東京でした。要町にある「有夏茶房」というお店。ここではあっさりというより、結構濃厚系のとろみスープでした。でも、不思議と優しい味。

初見は「なにこれ、エノキ?」。食べ始めると「にゅうめん?」でも、何かが違う…って感じでした。

うまく説明できない…これはもう、食べてみてもらうしかないヤツです。

できれば台湾で本場の味、ぜひお試しを!

阿宗麺線

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
台北ストーリー