【台南】『集品蝦仁飯』で名物のエビ飯を食べてみた

集品蝦仁飯グルメ

台南の名物グルメの1つであるエビ飯。有名店の『集品蝦仁飯』で食べてみました。

台南に来たからには1度は食べてみたいという人も多いエビ飯ですが、これは好みが分かれると思います。

妻はエビ好きなので美味しいと満足していましたが、僕はエビの匂いがキツイ(悪く言えば生臭い)と感じて1度味わったらもういいな~と思いました。

エビ飯の他にスープもあり、これは結構美味しいのであわせてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

『集品蝦仁飯』

アクセス

結構な広さの道路脇に飲食店が並んでおり、その中の1つに『集品蝦仁飯』があります。

イメージ的には、日本の地方都市の幹線道路脇といった感じです。

 

集品蝦仁飯

お店はこんな感じで満席の状態でした。台南人からは非常に愛されている様子です。

店内にもテーブルはありますが、半数以上は屋根付き外のスペースです。

メニュー

集品蝦仁飯

お店の上にかけられているメニューです。

定番はエビ飯こと『蝦仁飯』です。もう1つご飯メニュー『肉絲飯』があります。

そこから下はスープ類で種類豊富です。

有名なのは鴨の卵を使った『鴨蛋湯』です。

 

集品蝦仁飯

こちらが注文用のメニュー。

飯類、湯類などと分類されていて分かりやすいです。

これに数を書き込んで店員さんに渡すという注文方法になります。

スポンサーリンク

『集品蝦仁飯』のエビ飯とスープ

蝦仁飯

集品蝦仁飯

エビ飯とスープを頼んでみました。エビ飯は55元(200円)です。

エビ飯は、日本の普通サイズのお茶碗に、出汁で炊いたご飯と小指くらいのエビが乗っています。小さめなので1人1個です。

エビ好きの妻は満足そうに食べていましたが、そうでもない僕は半分くらいで飽きてしまって、イマイチ楽しめませんでした。

 

集品蝦仁飯

テーブルの上には、日本人にお馴染みの黄色のたくわんが。

箸が乗っているのでこれを使って自分の茶碗に取りました。

 

集品蝦仁飯

ご飯に何でも乗せて食べるというのは台湾らしくて良いですね。

黄色たくわんによって見た目も良くなり、味も飽きないようになります。たくわん必須。ゼッタイ。

鴨蛋湯

集品蝦仁飯

鴨の卵を使ったスープです。25元(90円)です。

エビ飯と鴨卵スープが定番の組み合わせのようで、確かによく合うと思います。

普通の(鶏の)卵と違うか?というと、言われないと分からないけど、言われたら何か違う気がするというくらいです。

紫菜湯

集品蝦仁飯

海苔のスープです。20元(70円)です。

海苔の旨味が効いていて、こちらのスープも美味しいです。

台湾でいくつか海苔スープを食べましたが、日本食に近いからか、日本食を懐かしく感じさせて美味しいです。

スポンサーリンク

名物だけど好みは分かれるかも

台南名物で、お店は大繁盛していましたが、エビ飯は好みが分かれるというのが感想です。

少なくとも1回食べればそれで十分かな~と思います。かなりリーズナブルなので、小腹が空いた時にサクッと食べるくらいが良いかも。

やっぱり牛肉湯の方が美味すぎるので、そっちをリピートしたくなります・・・。

【台南】『阿村第二代牛肉湯』は牛肉湯も含めて全て美味い
台南に来ていちばん驚いたのが、牛肉湯の美味しさです。 牛肉湯とは生の牛肉に熱々のスープをかけた料理です。 台南の名物だけあって牛肉湯のお店も数多いのですが、名店の1つである『阿村第二代牛肉湯』に行きました。 美味しすぎて2...
グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー