寧夏路夜市でしっかりめの食事なら!『方家鶏肉飯』は定番グルメを座って食べられる

寧夏路夜市 方家鶏肉飯 グルメ

ローカルでグルメな寧夏路夜市では、テイクアウトしてその辺で食べるという屋台が多いです。

ちょこちょこと買い食いするのも楽しいですが、しっかりめに食事をしたい!という方もいらっしゃるはず。

そんな方にオススメしたいのが『方家鶏肉飯』です。

店名の通り鶏肉飯が看板メニューのお店で、たくさんの台北人が夕飯を食べている人気店です。

鶏肉飯をはじめとして台湾の定番グルメを座って食べられる『方家鶏肉飯』をご紹介します。

スポンサーリンク

寧夏路夜市でしっかりめの食事なら『方家鶏肉飯』

寧夏路夜市の混雑具合

寧夏路夜市 方家鶏肉飯

「台湾で夜市に行ったら、あれもこれも屋台で買って食べたい!」と思っている方は多いと思いますが、上の写真のように激混みな中で、現実的には、あれもこれも屋台で買って食べるというのはかなりツライものがあります。

お目当ての食べ物をテイクアウトしてから隅の方まで行って、路上や階段に座って食べるという感じになりますが、観光客的にはどこで食べてよいものやら困ってしまいます。

ちゃんと座席があるお店もある!

寧夏路夜市 方家鶏肉飯

夜市というと屋台でテイクアウトばかりかと思ってしまいますが、実はちゃんと座席があるお店もあります

座席のあるお店の1つが今回ご紹介する『方家鶏肉飯』なのです。

夜市の雰囲気を味わいつつ、座ってしっかりめの食事をしたい!という方には最適だと思います。

しかも、たくさんの台北人も夕飯を食べていて、美味い・安い・早いの揃った庶民的な人気店です。

 

ちなみに、士林夜市でもテイクアウトして立ち食いするよりも、地下美食区(フードコート)で座って食べることをオススメしています。

士林夜市で食事するなら地下美食区がオススメ!
故宮博物院からの帰りに、台湾最大の夜市と言われる士林夜市に行ってきました。 午後から故宮博物院へ行き、夕方になったら士林夜市で散策と夕食というのは定番ルートだと思いますが、さすがは士林夜市。人!人!人ですごい混雑です。 雑多な雰...

メニュー

寧夏路夜市 方家鶏肉飯 メニュー

メニューはとてもシンプルで、ごはん、おかず、スープの3種類です。

看板メニューは鶏肉飯ですが、魯肉飯もあります。

鶏肉飯は50元と書いてある感じにも見えますが、魯肉飯と同じく30元です。

 

おかずは右から3種類、その続きでスープは5種類です。

英語と日本語の訳まで付いているので説明不要でしょう。

 

あと、台湾では珍しいことに、わざわざ持ち込み飲食や飲酒はご遠慮くださいと書いてあります。

夜市で周りは座席が無いお店ばかりなので、こういうことを明記しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

『方家鶏肉飯』の鶏肉飯と青菜炒め

鶏肉飯

寧夏路夜市 方家鶏肉飯

鶏肉飯 30元(110円)

メニューの写真を見ると50元と書いてある気もするのですが、30元です。

台北の中でも美味しい鶏肉飯として紹介されることも多く、少なくとも台北ベスト10には入るのだと思います。

しっとり鶏肉と特製タレが確かに美味しいので、方家に来たなら鶏肉飯はマストです!

 

台北には他にも鶏肉飯の美味しいお店はあるので、食べ比べてみると面白いです。

青菜炒め

寧夏路夜市 方家鶏肉飯 青菜炒め

炒青菜 40元(150円)

正直これの半分くらいの大きさを予想していたのですが、大ボリュームでした。

これで40元というのはかなり安い方なのではないでしょうか。

 

おそらく空芯菜だと思いますが、味的には大したことはなく、普通です。

ちょっと油っこいのと、炒めすぎ(茹ですぎ?)なのか、シャキシャキ感というよりベットリ感がある感じでした・・・。

台湾に来ると野菜不足なのでこういうのを頼んでしまいましたが、青菜炒めよりもスープの方にすれば良かったかも。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:103台北市大同區寧夏路060攤位

営業時間:17:30~0:00(月曜定休)

Googleマップに掲載されている位置は不正確で、もう少し南の方にあります。

 

寧夏路夜市 方家鶏肉飯

こちらの写真は北側を向いて撮影しているのですが、左手に『客家放山鶏』というお店の看板が見えるかと思います。

なので、寧夏路夜市を南から北に向かって左手の通路を歩き、『客家放山鶏』のお店の看板があるあたりを探すと『方家鶏肉飯』も見つかります。

Webサイト

Facebook:https://www.facebook.com/pages/%E6%96%B9%E5%AE%B6%E9%9B%9E%E8%82%89%E9%A3%AF/1898713813546212

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー