東門駅近く『員林商店』の真っ黒な台湾式おにぎりが絶品だった

グルメ

雑誌などで幾度となく紹介されている黒い台湾式おにぎり「黑飯糰」なるものを食べに『員林商店(ユェンリンシャンディエン)』に行ってきました。

夫

なかなか渋い店構えだ

スポンサーリンク

日本の雑誌でも紹介される有名店

人の気配のない店頭

さぞかし人だかりがあるかと思いきや人っ子一人おらず、店員さんもいないという不思議な光景が。

奥におじいさんとおばあさんがかすかに見えたので呼んでみると来てくれました。

普通の食べ物屋というより、豆などもたくさん並べられ、乾物屋のようでした。

メニュー

▲1番右に看板メニューの黒い台湾式おにぎり「黑飯糰」。

他にも豆系のスイーツが豊富にそろいます。豆花、小豆や緑豆のスープ、湯圓(白玉団子)など。

妻

カラフルなメニューボードがなんともかわいい

▲テーブルに日本語メニューがありました。読んでみると、このお店に感激したババさんという方がわざわざ作ったそうです。愛ですね。

黒米を使った「黒飯糰」

ビニールに包まれて運ばれてきました。

ビニールに包まれているからといって出来合いではなく、すぐ横で注文後に握ってくれていました。

それをじっと見ていた私たち。作っているのを間近で見れるのも楽しいものです。

作りたてでホカホカ~。そして真っ黒です。

黒飯糰(35元=約130円)

台湾の肉でんぶ「肉鬆」、中華圏の揚げパン「油條」が入っていて、味も食感も飽きないおいしさ。

そして、なんといっても黒米のプチプチ感がたまらなく美味しいうえに、体にいい感じがします。

黒米って、もっと硬くて噛み応えがある雑穀系のイメージだったのですが、ちょっと違いました。

夫

「プチプチ!」という感じだ

黒い豆漿(豆乳)もあります

ついでに「黒豆漿」という黒い豆乳も頼んでみました。

黒豆漿(20元=約75円)

通常の豆漿よりも少し香ばしい感じでした。美味しいのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

アクセス

員林商店

営業時間:6時10分~16時30分(日曜のみ12時30分終了)

住所:106台北市大安區金山南路二段129號(MRT東門駅より徒歩7分)

スポンサーリンク

飯糰(台湾式おにぎり)関連記事はコチラ

台北で1番美味しい台湾式おにぎりは?『劉媽媽飯糰』実食レポ!
妻 台湾式おにぎり大好き 夫 台湾の朝食店には絶対あるね 「台湾式おにぎり(飯糰)」の特徴とは? とにかく具が多く、もち米や紫米や黒米で作られているのが特徴的です。形は日本と違って細長い。具の種類も台湾ならではで、中華圏の朝食に欠かせない揚...
寧夏夜市のおすすめグルメ『慈音古早味 阿婆飯糰』の台湾式おにぎりが絶品だった
グルメな夜市と言われる寧夏夜市の中でも、いつも行列ができているお店が『慈音古早味 阿婆飯糰(チーイングーザオウェイ アーポーファントゥアン)』です。 夫 台湾式おにぎりのお店です 観光客も台北人も行列に並んでおり、おにぎり1つ買うのに30分...
台湾セブンイレブンで買える台湾式おにぎり「飯糰」は美味しいのでおすすめ!
台湾に来て、すっかり台湾式おにぎり「飯糰(ファンタン)」の虜になりました。 妻 2日に1回は食べてるかも… 台湾セブンイレブンのおにぎりのクオリティーが高い! 飯糰(台湾式おにぎり)とのファーストコンタクトはコンビニでした。 時間がなくて慌...
台湾ならではの「コンビニおにぎり」おすすめ5選!子連れ台湾旅行にも役立つお手軽グルメ。
夫 台湾ならではのコンビニおにぎり が食べたい 妻 子供も食べれるおにぎりあるかな? 今回は、台湾のコンビニで色んなおにぎりを物色してみたのでご紹介! 台湾にしかないコンビニおにぎりを発見しまくりでした。 旅行中、時間がないときでもコンビニ...
【メニュー大解説】永和豆漿で台湾の定番朝食を食べよう!
朝から超のつく混雑っぷり「永和豆漿」は、台湾の定番朝食を提供するお店です。 夫 「永和豆漿」で台湾の定番朝食を楽しみたい! と思うも、メニューが結構多く、何が何やら分からないという状態になりがちです。 そこで「永和豆漿」のメニューを写真付き...