「員林商店」絶品黒米おにぎりを食べてきた

グルメ

日本の台湾特集の本で幾度となく紹介されている「黒米おにぎり」おにぎりなるものを食べに、「員林商店」に行ってきました。

スポンサーリンク

日本の雑誌などで多数紹介の有名店

人の気配のない店頭

さぞかし人だかりがあるかと思いきや人っ子一人おらず、店員さんもいないという不思議な風景でした。笑

奥におじいさんとおばあさんがかすかに見えたので呼んでみると来てくれました。普通の食べ物屋というより、豆などもたくさん並べられて売られていました。

カラフルなメニューボードがなんともかわいい。

日本人ファンの愛を感じる日本語メニューも

テーブルに日本語メニューがありました。読んでみると、このお店に感激したババさんという方がわざわざ作ったそうです。愛ですね。

看板メニュー「黒饭团」やっぱり美味い

ビニールに包まれて運ばれてきました。ビニールに包まれているので出来合いかというとそうではなくて、すぐ横で注文後に握ってくれていました。それをじっと見ていた私たち。作っているのを間近で見れるのも楽しいものです。

作りたてでホカホカ~。そしてやっぱり黒い。

黒饭团(一個35元=約130円)

 

肉髭や油条が入っていて饭团好きの私としては味も食感も飽きないおいしさ。そして、なんといっても黒米のプチプチ感がたまらなく美味しい上に、体にいい感じがします。

黒米って、もっと硬くて噛み応えがある雑穀系のイメージだったのですが、ちょっと違いました。「プチプチ感」です。

黒い豆浆??

ついでに、「黒豆浆」という豆浆も頼んでみました。

黒豆浆(20元=約75円)

 

確かに黒い豆浆!通常の豆浆よりも少し香ばしい感じでした。ぜひ試してみてください。

員林商店

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
台北ストーリー