台湾コンビニで買える!激ウマでコスパ抜群の絶品お粥

グルメ

飛行機を降りて、台北に到着したのは現地時間夜中の0時…さすがにどこのお店も空いていない。小腹が空いて寝れそうにないので、近くのファミリーマート(台湾では通称「全家(チュエンジァ)」)へ。「夜中なので優しい食べ物…」と探していると、中華粥を発見。干し貝柱粥とピータン粥がありました。やっぱりコンビニ商品も台湾ならでは。

スポンサーリンク

台湾クオリティーの絶品ピータン粥

大好きなピータン粥をお店で温めてもらいました。ついでに台湾っぽい?お茶檸檬冬瓜茶と、セルフコーナーにあった燻製卵=「茶葉蛋」も購入して帰宅。

お粥ですが………出汁がきいていて、すごく美味しいし、量もたっぷり。しかも、豚肉もがっつり入ってる気前の良さで、55元(約205円)。コスパ良すぎます。

なんといってもピータンが濃厚です。ピータン好きにはたまらない感じ。ピータンと言えば、台湾の食堂に行くとセルフで取るような小皿料理(小吃)の中に絶対あります。私は日本人なので、好きと言えどもそこまでピータンを食べる機会がないし、ピータンの正解がわかっているのか謎ですが、やっぱり台湾人はピータンに厳しいのか、このくらいのクオリティじゃないと売れないのでしょうか…企業努力、すごいですね。

スポンサーリンク

台湾人は甘いお茶が好き

ちなみに台湾っぽいお茶?「檸檬冬瓜茶」は、例えると、癖のある甘~いレモンティーのような…。私は好きでしたが、紅茶が苦手な方が間違って買っちゃうこともあるかな?ファミマには他にもお茶が何種類かあったので、ぜひ試してみたいです。

ちなみに、台湾人は「甘いお茶」が好きだそうです。(「甘くないとお茶じゃない」と言っちゃう人もいるらしい…)それも、日本の緑茶を甘くしたようなお茶です。台湾のコンビニで緑茶を買ったらめちゃくちゃ甘かった!ってなことはよくあるみたいです。ちなみに私はそんなに嫌いじゃないです。ぜひ一度、甘~いお茶試してみてください。もしかしたら、癖になるかも?

燻製卵=「茶葉蛋(チャイエダン)。台湾のコンビニはこの匂いが充満していますよね~。この匂いを嗅ぐと、「台湾に来たぞ!」と思います。

見た目はしょっぱそうだけど、全然そんなことはなく、ちょうどいい具合。予想通りに美味しかったです。(この茶葉蛋の浸かり具合は、台湾人はちゃんと色とかでベストを見極めできるらしい…)

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
台北ストーリー