中正紀念堂駅の『鼎元豆漿』で謎の飲み物「米漿」を試してみた!

鼎元豆漿  グルメ

前日に雙連の『世紀豆漿大王』で朝ごはんを食べたのですが、翌日はこれまた定番中の定番のお店である中正紀念堂駅の『鼎元豆漿』にやってきました。

ここも超有名店ですので、地元台湾人だけでなく、日本人や欧米人のお客さんも多かったです。

またまた台湾朝食をガッツリと食べてきたのでご紹介します。

スポンサーリンク

観光ついでに台湾朝食と言えばココ!『鼎元豆漿』

行列必至の人気店

鼎元豆漿 中正紀念堂

中正紀念堂や東門(永康街)といえば、初めて台北に行くなら必ず押さえておきたい観光スポットです。

そんな観光スポットに近い台湾朝食の人気店が『鼎元豆漿』です。

中正紀念堂駅から徒歩4分という立地。

 

朝早くから行列必至のお店ですが、僕たちが遅めに訪れた10時頃でも少しだけ行列ができていました。

観光客に知名度が高いので、欧米人も日本人も多かったです。

入店から注文まで

ここの行列は店内とテイクアウトで2つの列になっているので、並ぶところを間違えないように注意してください。

手前の方の列はテイクアウトであり、奥のほうのレジに続いている列が店内飲食です。

店員のおばさんは中国語オンリーなので口頭での注文は難しいです。

そんなときのためにオーダーシートがありますので、これに記入して提出・注文しましょう。

ただ、日本語訳のメニューはおそらく無いので、メニューの内容は把握しておいた方が良いです。

メニュー

鼎元豆漿 メニュー

メニューはこんな感じ。

前日の『世紀豆漿大王』ですっかり鹹豆漿が好きになったので食べ比べてみようと注文しました。

他にも、油條(揚げパン)、飯糰(おにぎり)、米漿を注文。

 

台湾朝食の定番は一通り揃っているので、グループ旅行でも好きなものをイロイロと頼めるのでいいですね。

他のお客さん(欧米人と日本人)には小籠包が人気のようでした。

僕

100元(370円)で安いからかな~?

スポンサーリンク

『鼎元豆漿』で台北らしい朝ごはん

ちょっと注文ミスった?!

鼎元豆漿 

まずは鹹豆漿、油條(揚げパン)、米漿。

飯糰(おにぎり)は後から呼ぶとのことでした。(お米なくなった?)

 

鼎元豆漿 

鹹豆漿 30元(110円)

この鹹豆漿ですが、元から油條が入っているので、油條を追加する必要はなかったかも・・・。

鹹豆漿にするか、豆漿+油條にするかで良いかもしれません。

 

『鼎元豆漿』の鹹豆漿は具だくさんで、さらに小エビとゆばみたいなものも入っていました。

普通はネギと油條くらいなので、ここのは珍しいと思います。

少し酸味もあって飽きがこない味付けです。

僕

これは昨日の『世紀豆漿大王』の鹹豆漿より美味しいかも!

謎の飲み物「米漿」

鼎元豆漿 米漿

米漿 20元(80円)

温かいものと冷たいものが選べますが、冷たい方を注文。

僕

あったかい豆漿でいいじゃん

妻

いや、米漿って何?気になって・・・

と注文したのでした。

飲んでみると、”米”と付いていますが、米の感じはなく、ピーナッツバターを薄めたような味です。

後から調べてみると、米とピーナッツから作った飲み物なのだそうです。

これはちょっと好き嫌いが分かれそうです。

僕

これ僕はダメかも。

妻

甘くて美味しいけど、豆漿で良かったな・・・

安定の美味しさ「飯糰」

鼎元豆漿 おにぎり

飯糰加蛋 40元(150円)

昨晩に寧夏路夜市の『阿婆飯糰』で食べたにも関わらず、また台湾おにぎりを注文する妻。

『鼎元豆漿』の台湾おにぎりは肉鬆がたっぷりで、台湾でおにぎりを食べまくっている妻はもはやホッとする味とのこと。

味的には『阿婆飯糰』の方が美味しいと思いますが、これはこれで安心感のある美味しさでした。

スポンサーリンク

アクセス

住所:106台北市中正區金華街30-1號

営業時間:4:00~11:30(無休)

中正紀念堂駅から徒歩4分です。3番出口がいちばん近いです。

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー