モツ天国!『大稻埕米粉湯』で超新鮮な豚モツとビーフンを食べてみた

大稻埕米粉湯 台北グルメ

2019年春の台北旅行で最も印象に残ったお店かもしれないのが『大稻埕米粉湯』です。

モツ好きには堪らないお店なので、ぜひお読みいただき、現地を訪れていただければ幸いです。

逆に、モツ嫌い、見るのも嫌!という方は、写真のインパクトも結構あるので読まないことをオススメします(→他の記事へどうぞ)。

それではモツ天国の『大稻埕米粉湯』をご紹介します。

スポンサーリンク

モツ天国の『大稻埕米粉湯』

このお店を知ったきっかけ

雑誌POPEYEの台湾特集に載っていたのがきっかけです。

この雑誌の中で、台湾の方が朝ごはんに訪れていたお店が『大稻埕米粉湯』でした。

店名の通りビーフン(米粉)がメインのようでしたが、サイドメニューの豚モツが美味しそうだったのでモツ好きな僕は一瞬で気になりました。

僕

次に台北行ったら絶対ココ行く!

ということで、実際に行ってみたのでした。

台北駅の北側の裏路地にあるお店

大稻埕米粉湯 台北

台北駅の北側と言えばいいのか、北門駅近くと言えばいいのか、そのあたりの裏路地に『大稻埕米粉湯』はありました。

ほぼほぼ屋台でローカル感満載なので、初見でここに座って注文できる人はなかなか居ないと思います。

僕たちはこの店を目当てにやってきたので、たじろぎながらも着席しました。

メニュー

お店に貼られているメニューは

  • 米粉湯(ビーフン) 40元
  • 鹹粥(塩粥) 40元

の2つだけ。

モツのお値段は分かりませんでしたが、お会計をしてみたところ1皿40元でした。

このお店の人は日本語・英語を話せないようでしたが、身振り手振りで説明してくれる感じで優しかったです。

お店の常連っぽい人も教えるのを手伝ったりと、ローカルなお店ならではの良さがありました。

スポンサーリンク

『大稻埕米粉湯』の新鮮豚モツとビーフン

豚モツの釜

大稻埕米粉湯 台北

屋台の真ん中で豚モツが煮込まれている状況はインパクト大で、日本では味わえないダイナミックさではないでしょうか。

これは炭火で炊き上げているそうです。

下処理(下茹で)されたモツやスープが追加されつつ、お客さんはこの釜の中から選んで注文します。

 

大稻埕米粉湯 台北

こんな感じでスープが追加されます。

正直に言って、見てもどの部分のモツなのか分かりませんでした。

店員さんが身振り手振りで教えてくれ、肺と心臓(ハツ)と思われるモツを注文しました。

注文すると店員さんがそのモツを取り上げて包丁で一口サイズに切り、タレと生姜とネギをかけて渡してくれます。

超新鮮な豚モツ

これがたぶん肺。

大稻埕米粉湯 台北

豚モツ(肺) 40元(150円)

めちゃくちゃ新鮮なのだと思いますが、全く臭みが無く、食べやすかったです。

いかにも低脂肪高タンパクという感じで、プリプリした食感で、これを食べたら元気になれそうと思うモツでした。

 

これがたぶん心臓(ハツ)

大稻埕米粉湯 台北

豚モツ(ハツ) 40元(150円)

店員さんオススメのハツです。

ハツはレバーよりプリッとして固めという印象でしたが、このお店のものは本当に柔らかく煮込まれています。

ちょっと辛みのあるタレがまた美味い!

ビーフンはイマイチ

大稻埕米粉湯 台北

ビーフン 40元(150円)

これは正直イマイチでした。

ビーフンというと細い麺という印象だったのですが、こちらのビーフンは太くて短いタイプ。

麺というよりマカロニみたいなものに近いです。

今回は塩粥の方は食べていませんが、次行ったときはビーフンではなく塩粥にしたいと思っています。

 

ただし、このスープは美味い!

モツを煮込んでいるスープを使っているので、モツから出た旨味がたっぷりのなんとも言えない深みのある味です。

モツ好きの方はぜひ!

写真を見ただけでテンションの上がってしまったモツ好きの方は、台北に行ったら『大稻埕米粉湯』へぜひ行ってみてください。

言葉は通じないと思いますが、おそらくどのモツを食べても美味いので、思い切って釜の中のどれかを指差し注文してみましょう。

そこにモツ天国を知るはずです。

僕

激烈にオススメ!

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:103台北市大同區重慶北路一段26巷15號

営業時間:8:30~16:30(日曜定休)

桃園線の台北駅から徒歩3分、北門駅から徒歩7分です。

Webサイト

Facebook:https://www.facebook.com/pages/%E5%A4%A7%E7%A8%BB%E5%9F%95%E7%B1%B3%E7%B2%89%E6%B9%AF/272210819557241

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー