東門駅の永康街でちょっと変わった絶品の中華料理『六品小館』

六品小館金華店 料理 グルメ

東門駅の永康街あたりで、日本で食べるような中華料理とはちょっと違う、だけどとても美味しい『六品小館』でランチを食べてきました。

あまりに美味しくて気になったので、検索して調べてみると、いくつかのWEBサイトで「江浙地方の家庭料理のお店です」とさらっと説明されていました。

江浙料理って何?そんなに有名?あれが家庭料理ってレベルか?と、疑問は増すばかり。

そこで、『六品小館』の料理区分についてと、実際に食べてきた料理についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

江浙料理とは

中華料理の区分

中華料理には大きく分けて8つの区分があるそうですが、日本ではそれを簡便化して4つの区分で説明することが多いようです。

大区分 小区分 具体的な料理
山東料理 北京料理、山西料理、河北料理、河南料理 北京ダック、ジャージャー麺、水餃子
上海料理 江蘇料理浙江料理、安徽料理、江西料理 八宝菜、小籠包、ワンタン
広東料理 広東料理、福建料理、江西料理 ふかひれ、シュウマイ
四川料理 湖北料理、湖南料理、広西料理、貴州料理、雲南料理 麻婆豆腐、酸辣湯

 

上記の表で分かるように、江浙料理という区分はなく、上海料理の中に江蘇料理や浙江料理という区分しかないことが分かります。あれ、どういうことだろう?と思ってさらに調べてみました。

台湾における中華料理の区分

中国大陸からの移民が台湾へ住み着くにあたって、当然ながら多くの料理人も台湾に移動しました。

それぞれの料理区分の料理人が台湾で独自の進化を遂げ、現在では以下の6区分に分類されるそうです。

  • 北方料理
  • 江浙料理
  • 台湾料理
  • 広東料理
  • 湖南料理
  • 四川料理

ここで、江浙料理が出てきました。つまり、中国大陸における料理区分には無いが、台湾独自の料理区分では、江浙料理という区分があります。

江浙とは江蘇+浙江

調べてみると、江浙とは江蘇と浙江を合わせた言葉であるようです。

「江浙熟すれば天下足る」という有名な言葉もあり、長江下流域の江浙(江蘇省と浙江省を合わせた地区)が実れば中国全土の食料が足りるとも言われるほど穀物生産の中心地だったのです。

ということで、江浙料理という区分は江蘇料理と浙江料理を合わせたものであるようです。

『六品小館』は江浙料理の中でも江蘇料理

『六品小館』の話に戻ります。

『六品小館』は江浙料理と言われていますが、店のオーナーは江蘇地方の出身であるそうです。そして母親に作ってもらった家庭料理を再現しようと出店したそうです。

つまり、『六品小館』は江浙料理の中でも江蘇料理にルーツを持つお店であると分かりました。すっきり。

日本では、江浙料理も江蘇料理も聞いたことがない人が多いのでないでしょうか?僕も全く知りませんでした。

しかも八宝菜のような有名料理ではなく、家庭料理ということで、『六品小館』はちょっと変わった中華料理という感想を持つと思います。でも、とても美味しいですよ!

スポンサーリンク

『六品小館』で江浙料理を

東門駅の永康街

『六品小館』は東門駅から徒歩5分ほど。永康街の西側にあります。

毎日11:30~14:00、17:30~21:00の営業です。

 

六品小館金華店 店頭

店頭はこんな感じ。看板が目立つので分かりやすいです。右側のドアから店内に入ります。

清潔で落ち着く店内

六品小館金華店 店内

店内は清潔で落ち着いた雰囲気です。

写真の左端に見切れていますが、無数のサインが書いてあり、有名店であることがうかがえます。

開店直後の11:30に入店したのでまだガラガラでしたが、お昼になると満席状態でした。

 

六品小館金華店 店内

日本人から見ると、パイナップルの写真を飾るというのは何ともシュール。

メニュー

六品小館金華店 メニュー

外国人向けにオススメ料理を記載したメニューがあります。

中でもこの2品は超オススメのようなので、下の砂鍋獅子頭を注文しました。

他のお客さんの注文も見渡してみると、この2品のどちらかまたは両方を頼んでいるお客さんが多かったです。

 

六品小館金華店 メニュー

オススメメニューの2枚目。

 

六品小館金華店 メニュー

オススメメニューの3枚目です。これでオススメメニューは終わりです。

 

六品小館金華店 メニュー

中国語オンリーですが、普通のメニューもあり、そちらからも注文できます。

雪菜百頁という料理を食べたかったので注文しました。

絶品の料理たち

3品食べましたが、すべてとにかく美味しかったです。恐るべし中華料理の奥深さ。

家庭料理と簡単に言いますが、こんなハイレベルの料理が出る家庭なんて想像できません。

雪菜百頁

六品小館金華店 雪菜百頁

僕はこれがいちばん美味しかったです。

江浙料理を代表する家庭料理で、白い麺のように見えるのが干し豆腐です。雪菜と枝豆と唐辛子が入っています。湯葉のように柔らかな干し豆腐、シャキシャキ感の残る雪菜が絶妙です。

味のイメージとしては、ペペロンチーノが近いと思います。干し豆腐がパスタのようにも見えますよね。

涼拌白菜心

六品小館金華店 涼拌白菜心

妻はこれがいちばん美味しかったそうです。

見た目はタイ料理のソムタム(青パパイヤサラダ)です。具材は白菜と干し豆腐とパクチーとピーナッツで、甘酸っぱいドレッシングがかけられています。

白菜と干し豆腐が同じような細切りになっていることでまとまりが生まれ、アクセントとしてパクチーとピーナッツが良い仕事をしています。

砂鍋獅子頭

六品小館金華店 砂鍋獅子頭

お店イチ押しのメニューの1つである砂鍋獅子頭です。

驚きは肉団子の美味しさです。人生でいちばん美味しい肉団子でした。ジューシーな肉汁が溢れ、れんこんのような歯ごたえの野菜がアクセントになっています(どうやらクワイであるようです)。

スープは味噌ベースの鍋という感じで、白菜がよく合います。

この料理はかなり日本っぽいので、嫌いな日本人はまずいないと思います。

スポンサーリンク

日本では食べられない中華料理かも

『六品小館』の江浙料理は、日本では食べられない中華料理かもしれません。見たことも聞いたこともなかったです。

しかもどの料理も絶品で驚くこと間違いなし。

台北に来たらぜひとも行ってみて食べてみてほしいお店です。

日本に無い料理だからこそ、台北で食べる意味があります。

▼永康街で他にオススメのお店

永康街『豊盛食堂』の台湾家庭料理は野菜が美味しい
永康街は日本人だらけですが、観光地だけあって綺麗で美味しい飲食店が多いです。 ガイドブックに載るような超有名店である台湾家庭料理の『豊盛食堂』に行ってきました。 ここの料理は特に野菜が美味しいので、野菜好きにはオススメです! ...
グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー