台北風おでん?!『賽門鄧普拉』西門町本店

賽門鄧普拉 西門町本店 おでん グルメ

台北に来ておでんを食べることになるとは思いませんでした。

『賽門鄧普拉』西門町本店の前を通ると、おでんの香りが漂っています。

日本が懐かしくなって、おでんを食べてみることにしました。

スポンサーリンク

『賽門鄧普拉』西門町本店

小学校の目の前

『賽門鄧普拉』西門町本店は、臺北市立福星國小学校の眼の前にあります。

正確に言うと、小学校の正門の方ではなく、その裏にあるグラウンドの目の前です。

西門町駅と北門駅の間くらいにありますが、西門町本店とのことです。

営業時間は毎日11:00~21:00です。

 

賽門鄧普拉 西門町本店 おでん

あまり目立ちませんが看板はこれです。

店の近くを歩いたときには、見た目よりも、おでんの香りに反応してしまうと思います。

台北各地に展開

WEBで調べてみると意外にも台北各地に店舗を展開していました。

『賽門鄧普拉』WEBサイト

店舗は以下の6つあるようです。

  • 台北西門總店
  • SOGO復興店
  • 台北林森分店
  • 新光信義店
  • 新竹分店
  • 板橋分店

台北でもおでんは人気があるのでしょうか?

日本統治時代には日本食が流入したはずで、その名残でおでんも残っているのかもしれません。

スポンサーリンク

台北風おでん

味噌を乗せすぎ

賽門鄧普拉 西門町本店 おでん

『賽門鄧普拉』西門町本店で台北おでんをテイクアウトしてみました。

おでんはタネを自分で1つずつ選ぶのではなく、1通りセットになっています。

こちらは大70元(270円)です。

大根や練り物をカップに詰めていき、最後にドンと味噌を乗せられました。

入れ過ぎでは・・・と思いましたが、この甘い味噌は結構はまります。

タネ(具)は何かよく分からない・・・

賽門鄧普拉 西門町本店 おでん

おでんのタネ(具)をブログで紹介しよう!と思って食べてみたのですが、正直に言って何かよく分かりませんでした

ほとんどの具は、揚げ物のような練り物のようなもので、そもそも材料は何なのか分かりません。

何か分かりませんが不味くはないです。むしろ普通に美味しいです。

 

賽門鄧普拉 西門町本店 おでん

こちらは厚揚げのような、揚げ豆腐のような具です。

 

賽門鄧普拉 西門町本店 おでん

コレだけは普通に分かる大根です。

ほぼイメージ通り、おでんの大根です。美味しい。

味噌はカップのフタに取り出して、具に味噌をつけながら食べたのですが、最後には味噌がなくなりました。

あんなに乗せすぎだと思った割に、ちょうどよかったです。

スポンサーリンク

観光客が食べなそうな台北風おでん

台北に来てまで、おでんを食べるような観光客はほとんど居ないと思います。

穴場中の穴場として、台北風おでんを食べてみてはいかがでしょうか?!

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー