迪化街の『夏樹甜品』で素朴なシンプル杏仁豆腐

夏樹甜品 迪化街 杏仁豆腐 グルメ

迪化街には南の方(北門駅の方)から来る観光客が多く、おこわが有名な『林合發油飯店』や孤独のグルメで訪れていたお店も南側にあります。

一方で注目したいのが北の方(勝手に通称:奥迪)です。

有名な青木由香さんのお店『你好我好』があったり、オシャレなドリンクスタンド『良記茶葉』があったりと奥渋ならぬ”奥迪”エリアとなっています。

そんな”奥迪”エリアにあるデザート屋さん『夏樹甜品』をご紹介します。

台湾デザートといえば豆花ですが、『夏樹甜品』の看板メニューは杏仁豆腐です。

スポンサーリンク

“奥迪”のデザート屋さん『夏樹甜品』

お店構え

夏樹甜品 迪化街 杏仁豆腐

『夏樹甜品』の店頭はこんな感じ。

店名の横には、杏仁豆腐、雪花冰(かき氷)、冷熱甜湯(おしるこ)と並んでいます。

ということで最初に書いてあることから分かる通り、看板メニューは杏仁豆腐です。

杏仁豆腐よりも柔らかい杏仁豆花もあり、とにかく杏仁推しなお店です。

店内は意外に広い

のれんをくぐって店内に入ると、4人テーブルが2つで狭そうに見えるのですが、実はカウンターの右側に細長い部屋があり、10人くらいが横一列に座れるようになっています。

意外に席があるという印象に変わるとともに、これは1人客にも嬉しい作りですね。

メニュー

夏樹甜品 迪化街 杏仁豆腐

壁に掛けられたメニューです。

昔は値段入りだったようですが、(ちょこちょこ値上げしているからか)値段は書かれなくなっています。

カウンターにあるメニューにはちゃんとお値段が書いてありますので、注文時にご確認ください。

メニューは日本語化もされており、店員さんも簡単な日本語ができるので、中国語が分からなくても大丈夫です。

日本人にも台湾人にも人気あり

メニューが日本語化されていたり、日本人がオススメしているお店でもあるので、店内の日本人率は結構高いと思います。

それでも日本人ばかりということはなく、ちゃんと台湾人のお客さんも入っていました。

価格的にはちょい高かな?という印象もありますが、健康に気を遣って天然食材を厳選しているそうなので、価格的にちょい高な分だけ物も良いのだと思います。

スポンサーリンク

『夏樹甜品』の杏仁豆腐

雪耳杏仁豆腐(白きくらげ)

夏樹甜品 迪化街 杏仁豆腐

雪耳杏仁豆腐 70元(260円)

妻が異様に白きくらげが好きなので、これを注文したようです。

『夏樹甜品』では追加トッピングが1種類10元で楽しめますが、まず初回ということでシンプルな杏仁豆腐にしてみました。

 

杏仁豆腐が看板メニューなので、杏仁の香りが強いかも?と思ったのですが、そんなことはなく、むしろ優しい杏仁の香りで上品です。

ほんのり甘くてふわっとした杏仁豆腐と、ほぼ無味で食感が楽しい白きくらげという正反対な2つの食材が上手く一体化していて食べ飽きません。

量が少ない訳ではないので、2人で1つにしましたが、あっという間に完食です。

また食べたくなる杏仁豆腐

素朴でシンプルだからこそ、上品で飽きのこない杏仁豆腐だと思いました。

台湾デザートというと豆花やかき氷が主流ですが、杏仁豆腐もたまには良いですよ!

こんど迪化街に行ったときにも再訪したいです。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:103台北市大同區迪化街一段240號

営業時間:10:30~18:30(無休)

北門駅からは徒歩15分、大橋埠頭駅からは徒歩9分です。

ちなみに以前は『夏樹甜品 農安店』が行天宮の近くにあったのですが、閉店してしまっており、『夏樹甜品』を楽しむにはここ大同区迪化街に来る必要があります。

Webサイト

公式Webサイト:http://www.summertreesweet.com/index.html

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー