雙連の『人和園雲南菜』はハードル上げすぎ!ガッカリしないための4つの真実

人和園雲南菜 えんどう豆のスープグルメ

台北の『人和園雲南菜』と言えば、どのガイドブックにも掲載され、ネットでもオススメの嵐というお店です。

その分だけ期待が高まって勝手にハードルが上がりすぎてしまったのですが、得てしてそういう場合は実際に行くとガッカリしてしまうんですよね。

 

『人和園雲南菜』はオススメだよね、うん分かる分かる、でも初めて行く人がガッカリしないためにちゃんと真実も伝えていこうよ!

という感じで『人和園雲南菜』をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

野菜が美味い!『人和園雲南菜』の雲南料理

日本人に大人気

人和園雲南菜 

雙連駅から徒歩8分ほどのところに、ガイドブックやら有名人が取り上げたことで一躍人気店となった『人和園雲南菜』はあります。

お店の佇まいはちょっと高級な中華料理店という感じ。

店名にもある通り雲南料理を提供するのですが、雲南料理とは四川料理に少数民族の料理が混ざり合っているものだそうです。

日本人も多かったですが、ちゃんと台湾人(中国人?)も居たので、現地の人にも人気があるお店だと思います。

 

それでは実際の料理をご紹介していきます。

手の込んだ野菜料理の数々

人和園雲南菜 えんどう豆のスープ

鶏油碗豆 118元(440円)

看板メニューのスープで、えんどう豆と書いてありますが、グリンピースではなくてスナップエンドウをイメージしてください。

柔らかいスナップエンドウの豆がプチっと弾けて美味しいです。

豆を選別しているらしく手間がかかっている逸品だとは思いますが、小さい&結構高いので注意です。

 

人和園雲南菜 蕨の和え物

涼拌蕨菜 188元(700円)

わらびの前菜です。

以前に永康街の『豊盛食堂』で食べた過猫菜と似ているのですが、負けず劣らずここのも美味しいです。

過猫菜はもっとトロッとしていたのですが、涼拌蕨菜はプリプリとしていました。

ラー油のピリ辛味付けがクセになります。

 

人和園雲南菜 ささげと蝦の揚げ団子

豇豆釀百花 368元(1,400円)

さざげ豆とエビの揚げ物です。

エビのすり身にささげ豆(インゲン豆のような感じ)を巻いて揚げています。

ささげ豆の食感がアクセントになりつつ、エビの旨味を引き立てる感じです。

 

人和園雲南菜 マコモダケとフクロダケ炒め

茭白炒草菇 248元(920円)

マコモダケとフクロダケの2種類のキノコを味わえる料理です。

優しい塩味の味付けですが、2人でキノコばかりこれだけ食べるのはちょっと飽きたかも。

 

人和園雲南菜 過橋麺

過橋麺 128元(470円)

〆の麺で、1つ注文して2人で分けたと思います(たぶん)。

店員さんがテーブルまで来て、お肉をしゃぶしゃぶしたり、野菜や麺を入れてから取り分けたり、としてくれます。

鶏塩ラーメンという感じでアルコールを飲めない僕たちにとっても、〆の逸品としてぴったりでした。

 

人和園雲南菜 スイカ

スイカ サービス(と言ってもサービス料あり)

最後にデザートでスイカが出てきました。

無料といえば無料なのですが、サービス料が10%くらいあったのでそれに含まれているとも言えます。

『人和園雲南菜』の雲南料理を食べた感想

人和園雲南菜 

食べてみてまず思ったのは野菜が美味しい!ということです。

『豊盛食堂』『六品小館』に行ったときも思いましたが、台湾B級グルメを食べ歩いているとほとんど野菜が食べられないので、こういうちょっと高めの中華料理屋に行くととにかく野菜が美味しいんです。

 

次に思ったのは、これは駐在の日本人には人気がありそうだなということです。

安くて美味い台湾料理と言われてはいますが、2泊3日の旅行ならまだしも、長期滞在していると正直に言って台湾料理は飽きます。

結局のところ台湾料理は糖と油なんですよね。

それに比べて『人和園雲南菜』は、油っこくない優しい味付けで、野菜が美味しく、店内も清潔なので、台湾料理に飽きた日本人にとって救世主な存在に思えます。

 

ということで、『人和園雲南菜』が美味しいのでオススメというのは分かります。

でも、ガイドブックやネットで取り上げられ過ぎていることの弊害として、勝手にハードルを上げてから来店しちゃうんですよね。

そうするとガッカリ感の方が勝るという人も多いと思います。

僕

僕もその1人でした!

 

それでは、これから初めて『人和園雲南菜』へ行く(行こうと思っている)人に向けて、勝手にハードルを上げた僕がなぜガッカリしてしまったのか、『人和園雲南菜』の真実についてご紹介します。

スポンサーリンク

『人和園雲南菜』の真実

日本人に人気ありすぎ!メディア取り上げすぎ!問題

人和園雲南菜 

お店の入口にもちゃんと日本の雑誌の切り抜きが貼ってあります。

確かにガイドブックやら某有名料理研究家やら、このお店を取り上げているメディアは多いですし、実際に料理を頼んで食べてみるとメディアの気持ちも分かります。

色彩豊かで手の混んだ料理は写真映えしますし、流行りまくっている台湾であえて台湾料理ではなくて雲南料理を書けば通っぽいですし、店員さんには日本語が通じるので取材しやすいし、まあそりゃメディアに引っ張りだこになるわな~という感じです。

僕

でもアピールされると逆に引いちゃう・・・

店員さんが正直うざい問題

店員さんは日本語が達者で、いわゆる関西のおばちゃん的の接客です。

やたらと注文をあーしろこーしろと言ってきたり、日本人はみんなこれ頼むよ!と押し付けてきたりします。

そういうフレンドリー(?)な接客が好きな人は問題ないと思いますが、嫌いな人も多いと思いますのでこれは事前に知っておいた方が良いと思います。

ちゃんとNOと断れる人でないと、

  • えんどう豆のスープ
  • エリンギ炒め
  • マコモダケと牛肉の炒めもの
  • 過橋麺(〆)

あたりに誘導されて注文することになります。

店員さんが勧めるので自信のある料理なのだとは思いますが、日本人だからと一括りにされてみんな同じ体験をしても面白くないのでは?と斜に構えてしまいました。

看板メニューの「鶏油碗豆」が小さすぎる問題

人和園雲南菜 えんどう豆のスープ

冒頭でも取り上げた看板メニューの「鶏油碗豆」(えんどう豆のスープ)は、ガイドブックなどではアップ写真しかなくて分かりにくいのですが、めちゃくちゃ小さいです。

お茶の器と比べても一回り大きいくらいなので、知らないで頼むと残念感がすごいと思います。

それでいて1杯400円・・・。

結構高いしクレジットカードも使えない問題

上記の各料理の紹介に値段も載せましたが、はっきり言って日本で食べるのと変わらない価格帯です。

それに加えてサービス料で10%加算されるので、台湾の物価に慣れてから行くと「たっか!!」と思ってしまいました。

しかも、この価格帯(2人で5,000円とか)にも関わらず、クレジットカードが使えないというのは面倒です。

現金は小銭だけで、高いお店はカードで良いかと思っている人は注意してください。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:104台北市中山區錦州街16號

営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00(無休)

雙連駅から徒歩8分です。

Webサイト

Facebook:https://www.facebook.com/pages/%E9%9B%B2%E5%8D%97%E4%BA%BA%E5%92%8C%E5%9C%92%E9%A4%90%E5%BB%B3/124615427608500

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー