エバー航空(小松~台北往復)の機内食やドリンクは?

エバー航空 機内食グルメ

ついに台北へと飛び立ちました(そしてもう宿に到着したのでこれを書いています!)。

道中の飛行機はご紹介したようにエバー航空です。

ここではエバー航空(小松発~台北行き)の機内食についてご紹介します。

帰りのエバー航空(台北発~小松行き)の機内食についても追記しました!

スポンサーリンク

事前にWEBから機内食を選べる!

機内食を選ぶ方法

エバー航空の公式WEBサイトから『旅程確認/オンラインチェックイン』を選択します。

会員番号またはユーザーネームとパスワードを使ってログインする表示になりますが、会員登録をしていない場合には『予約番号または航空券番号で照会』を選択します。

そうすると、『予約番号/航空券番号』と『姓』『名』を入力することでログインすることができます。

ログインしたら、『機内食予約(特別食)』を選択すると、搭乗者を指定した後に機内食を選ぶことができます。

宗教や健康に配慮した機内食がずらり

思った以上に色々な選択肢から選ぶことができます。

以下がその一覧です。

エバー航空 機内食

上から順に、ヒンドゥー教徒ベジタリアン(玉ねぎやニンニク不使用)、子供食、糖尿病患者用、フルーツ、低カロリー、低脂肪・低コレステロール、フルーツと野菜、シーフード、ヴェイガンミール(乳製品なし)、ラクト・オボ・ベジタリアン(乳製品と卵はあり)、中華式ベジタリアンとなっています。

宗教上の縛りが無い人が多い日本人が選ぶとすれば、子供食やフルーツ、低カロリー、低脂肪・低コレステロール、シーフードあたりでしょうか。

小松発~台北行きでは以下で紹介するメニューが一律配布されましたので、もし、何かしら選びたい場合は、事前にWEBで選択しておく必要があります。

スポンサーリンク

実際の機内食をレビュー①(小松→台北)

機内食について

離陸した後にしばらくしてベルトサインが消えたところで、機内食の提供が始まります。

まずは、事前に特別食を選んだ人たちの分が提供されます。

その後に、特別食を選択していない人たちの分が提供されます。てっきりキチンorビーフくらい聞いてくれると思っていましたが、何も聞かれず、一律で同じ機内食が提供されました。

それがこちら。

エバー航空 機内食

メインは、豚肉を醤油と胡椒で濃いめに味付けしたもの、ごはん、冷凍野菜です。

左上がクラゲの酢の物、左下がデザートのケーキです。

しばらくして配られるのが中央上のパンです。入れ物が無いのでお酒用のカップに入れました。

クラゲの酢の物は文句なしに美味しかったです。メインはかなり味が濃いですがそこそこ美味しいです。ケーキは意外にもふんわりしているのですが、味はかなり甘いです(台湾人用の味覚?)。

全体的には、美味しい!とは言えないけれど、文句を言う人は少ないだろうといった感じです。個人的にはとにかく味が濃いのを直してほしいです。

ドリンクについて

機内食と同時にコールドドリンクが提供されます。写真右上のオレンジジュースです。フルーツジュースやコカコーラ、ビールなどを頼むことができます。

また、食後にホットドリンクの提供があります。写真右上のカップに入れます。緑茶、ウーロン茶、コーヒーをそれぞれ持った客室乗務員が来るので注いでもらいます。

機内食のトレーを下げてしばらくすると、ワインを配ったり、何か注文は無いか聞きにきますので、何でも頼むことができます。このときにトマトジュースを頼んだのですが、しょっぱすぎてほとんど飲めませんでした。市販の有塩トマトジュースにさらに塩をガンガン加えた感じです。あれを全部飲んだら塩分過剰すぎてやばいんじゃないかと心配です・・・。

スポンサーリンク

実際の機内食をレビュー②(台北→小松)

機内食について

行きと同じく、特別食以外は一律で提供(何にするかは聞かれません)でした。

ご飯とメイン料理は行きの機内食と全く同じでちょっと残念かも。

サラダとデザートは違うものになっています。

  • サラダ:行きはクラゲの酢の物 → 帰りはチキンサラダ
  • デザート:行きはケーキ → 帰りはフルーツ

 

メイン料理が同じということもあって、食べてみた感想としては行きの機内食と同じく、美味しい!とは言えないけれど、文句を言う人は少ないだろうといった感じです。

ドリンクについて

行きで飲んだトマトジュースがしょっぱすぎてやばかったので、今回はおとなしくオレンジジュースにしておきました。

しかしなんだかお酒が飲めないと損した感がありますよね~。

お酒が飲めない人がLCCでいいやと思うのは分かります。

スポンサーリンク

まとめ

エバー航空(小松~台北往復)の機内食とドリンクについてご紹介しました。

機内食については、事前にWEBでいろいろと選べますが、選ばないと一律で同じ機内食になりました。

普通の機内食の味付けはかなり濃い目でしたが、そこそこ美味しかったです。

ドリンクについては、機内食と同時、食後、トレー回収後の3回頼むことができます(別途、頼めば持ってきてくれると思います)。一通り種類はあるので困らないと思いますが、トマトジュースは頼まない方が良いです・・・。

 

JAL(関空~台北往復)の機内食とドリンクについてもご紹介しています!

JAL(関空~台北往復)の機内食やドリンクは?
今回の台湾1週間旅行は関空~台北(桃園)の往復でJALを使いました。 前回に台湾へ行ったときはエバー航空だったのですが、今回はJALの機内食やドリンクについてご紹介したいと思います。  エバー航空(小松~台北往復)の機内食やドリ...
グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー