朝食に!『圓山老崔蒸包』で肉まんとも小籠包とも餃子とも違う”蒸包”を。

圓山老崔蒸包グルメ

朝食に”蒸包”というものを食べに『圓山老崔蒸包』へ行ってみました。

このお店は6:30~13:00の営業なのですが、メニュー的には朝食にぴったりだと思います。

台湾では肉包(肉まん)、小籠包、餃子などをよく食べると思いますが、それらとはちょっと違った”蒸包”も一度は食べてみてほしいです。

ということで、朝食に”蒸包”を提供する老舗の『圓山老崔蒸包』をご紹介します。

スポンサーリンク

裏路地にある老舗

1963年創業

圓山老崔蒸包

『圓山老崔蒸包』は中山國小駅近くの裏路地にあり、1963年創業というなかなかの老舗です。

地元民に愛され続けているそうで、僕たちが行ったときも観光客は自分たちだけで、あとは地元民の方々が続々と来店していました。

 

閑静な住宅街という立地で、裏路地なこともあって、とても静かな環境です。

台北の朝(涼しいうち)に静かで落ち着いた場所で”蒸包”を朝ごはんとして食べるというのは、シチュエーションとして最高だと思います。

作り立て(蒸したて)を提供

圓山老崔蒸包

お店の入口では店員さん(家族経営っぽい)がせっせと”蒸包”を作って蒸しています。

この作り立て(蒸し立て)が食べられるというのがまた良いですね。

後から実物写真も掲載していますが、上の写真に写っている蒸籠ごと席に持ってきてくれます。

メニュー

圓山老崔蒸包

メニューは超シンプル。

  • 蒸包(1籠10個入り) 85元
  • 酸辣湯 25元

の2つです。

後から知ったのですが、蒸包は豚肉と牛肉のものがあるそうで、デフォルトは豚肉ですが、牛肉にも変更できるとか。

 

観光客的には、どんどん食べ歩きしたいのもあって、蒸包は2人で1籠で十分だと思います。

ちなみに、地元民は1人1籠を注文している場合がほとんどのようでした。

スポンサーリンク

『圓山老崔蒸包』の蒸包と酸辣湯

蒸包

圓山老崔蒸包

蒸包(1籠10個入り) 85元(310円)

注文してしばらく待っていると、やってきました蒸し立ての蒸包!

2口サイズの大きさです。

形はずいぶん雑な感じで、握った指の跡?がそのまま残っています。

 

圓山老崔蒸包

待っている間に用意しておいたタレにつけて食べます。

酢醤油のようなタレと、アクセントに辣醤です。

 

圓山老崔蒸包

食べた感じは、肉まんとも小籠包とも餃子とも違います。

いちばん近いのは肉まんですが、肉まんよりは餡も皮もプリッとしている感じで、やさしい薄味が朝食にぴったりです。

地元民に愛され続けているのが納得できる、シンプルだからこそ飽きない美味しさです。

酸辣湯

圓山老崔蒸包

酸辣湯 25元(90円)

蒸包と同じく酸辣湯もやさしい薄味。

の割に胡椒が効きまくっているのが特徴的です。

ダシや酸味は弱めなので、そんなに美味しい酸辣湯というわけではありませんが、朝食なのでこれくらいが良いのかも

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:104台北市中山區中山北路二段137巷33號

営業時間:6:30~13:00(月曜定休)

最寄りの中山國小駅から徒歩3分、雙連駅からも徒歩11分と徒歩圏です。

Webサイト

Facebook:https://www.facebook.com/pages/%E8%80%81%E5%B4%94%E8%92%B8%E5%8C%85/168749683172663

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー