中国から渡り台湾でも愛される『永富魚丸店』のつみれスープ

永富福州魚丸店 つみれスープグルメ

台湾に来てから、スープの美味しさと奥深さのトリコとなっています。

水餃子屋、お粥屋、台湾料理屋などに行く度にスープも頼んでいるのですが、今回はスープ専門店に行ってみました。

『永富魚丸店』は魚丸(魚のつみれ)スープの専門店です。

さすが専門店!とうなる美味しさでしたのでご紹介します。

スポンサーリンク

永富魚丸店

西門紅楼に近い

『永富魚丸店』は、西門町の観光スポットである西門紅楼の近くの路地にあります。

営業時間は毎日9:15~21:00です。

朝ごはんでも、ランチでも、夜に飲んだ後でも、1日中オールマイティーに利用できるお店です。

店頭にはつみれが山積み

永富福州魚丸店

西門紅楼からお店に向かうと、店頭には『永富福州魚丸』に看板があります。このデザインなかなかカッコイイです。

 

永富福州魚丸店

店頭には、魚丸(魚のつみれ)がカゴに山積みされています。

この魚丸だけを買っていく地元民の姿もありました。

福州魚丸とは

永富福州魚丸店

福州とは、中国の福建省の福州市のこと。

魚丸とは、魚のつみれのこと。

福建省といえば烏龍茶で有名ですが、福建省福州市の名物は魚丸なのだそうです。そこから渡ってきた料理が今も台湾で愛されているようです。

ちなみにこの福州魚丸。Amazonでも買えます。

スポンサーリンク

絶品の魚丸スープ

メニュー

永富福州魚丸店

店頭にもメニューが掲げられていますが、注文するときには、上のようなメニューが書かれた紙に記入するので、店内でもゆっくり選べます。

左側がスープのみの値段です。

右側はそのスープに、麺、ビーフン、春雨の3種類から選んで追加した場合の値段です。

福州魚丸湯、香菇丸湯、蛋包湯(上2つといちばん下)は「湯」がついているので、さらっとしたスープです。

その他は「羹」がついているので、とろみのあるスープです。

定番メニューを頼んでみた

メニューの上2つが定番なのだろうと思い、それらを注文してみました。

福州魚丸湯

永富福州魚丸店 つみれスープ

魚丸が3つ入ったシンプルなスープです。

味は結構しっかりめです。人によってはちょっと塩味が濃いと感じるかも。

 

永富福州魚丸店 つみれスープ

魚丸の中には、醤油味で煮込まれた豚肉が入っています。

中の豚肉も美味しいのですが、特筆すべきは白い魚丸自体の旨みです。しっかりと味がついていて、豚肉にも負けない美味しさです。

香菇丸湯+ビーフン

永富福州魚丸店 ビーフン つみれスープ

こちらのスープはあっさりめ。

もしかすると、スープ自体は濃いめで、麺・ビーフン・春雨を入れるとちょっと薄まるのかもという疑惑があります。

焦がしたニンニクの皮が入っており、香りと味のアクセントになっています。

あとは具材にニラともやしが入っています。

 

永富福州魚丸店 ビーフン つみれスープ

こちらの魚丸の方が、日本人がイメージする魚のつみれです。

魚を骨ごとつみれにしたかのような魚感の強い味です。魚好きにはたまらない美味しさです。

食べるラー油で味変え

永富福州魚丸店

テーブルには、食べるラー油のようなものと、辛味噌が置いてありました。

食べるラー油のようなものを試しましたが、結構辛いです。でも魚丸に合う味なので食が進みます。

スポンサーリンク

再訪:とろみスープも試したい

初回訪問時は定番メニューの「湯」だけの注文でしたが、とろみスープ「羹」も気になります。

ということでさっそくリピートしました。

「湯」と「羹」

今回は「湯」と「羹」の両方を試してみました。

福州魚丸湯+麺

永富福州魚丸店 つみれスープ 麺

定番の魚だんごスープに麺を投入しました。

前回はスープだけだと塩けがきつかったのですが、麺を入れるとちょうどよくなりました。

「湯」のスープは鶏ガラベースだと思われます。

綜合羹+ビーフン

永富福州魚丸店 つみれスープ ビーフン

「湯」の鶏ガラベースのスープと比べて、とろみスープである「羹」は魚ダシベースでした。

どちらも美味しいので好みの問題になりますが、僕は「羹」の方が美味しいと思います。

こちらのメニューは「綜合羹」なので、色々な魚だんご・つみれが入っています。細長いつみれはイカが入っているような感じでした。どれも美味しい!

魯肉飯も食べてみた

永富福州魚丸店 魯肉飯

スープがとても美味しいので、魯肉飯も気になって注文してみました。

なんだかドライカレーのような見た目。五香粉が効いています。総合的には普通でした。

それより驚いたのは、前回は気づかなかったのですが、テーブルに置いてあるキムチ。

 

永富福州魚丸店 キムチ

店内にテーブルが10個くらいありますが、キムチは2~3個しかありません。

このキムチがかなり美味しいです(ただし激辛)。

日本らしい甘いキムチが好きな僕も、本場韓国らしい酸っぱいキムチが好きな妻も、両方が満足できる絶妙の美味しさでした。

魯肉飯にキムチ。結構合います。

スポンサーリンク

再々訪:あれは、いなり寿司?!

また『永富魚丸店』に行ってみました。入口でふと、いなり寿司のようなものがあることに気づき、気になって注文してみました。

いなり寿司

永富魚丸店 いなり寿司

豆皮壽司40元(140円)です。

メニュー名からしてもいなり寿司っぽいですが、食べてみるとやっぱりいなり寿司!

1つだけ違うのは皮が分厚くて固めであること。

味は日本のいなり寿司に似ているので、ちょっと日本食のような感じがして落ち着きます。

豚肉スープ

永富魚丸店 豚肉スープ

ついでにスープも。赤肉羹45元(170円)です。

相変わらず美味しいスープに豚の赤肉が入っています。

『永富魚丸店』は魚団子スープがオススメですが、魚が苦手な人は豚肉スープにしてもよいと思います。

スポンサーリンク

西門町の名店としてオススメしたい

『永富魚丸店』は西門町の中でもかなりレベルの高い名店だと思います。

スープ、麺・ビーフン・春雨が食べたくなったらぜひ試してみてください!

あと、キムチを見つけたらぜひ食べてみてくださいね!

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー