【台南】シルクスプレイスに4泊した感想

シルクスプレイス台南 生活

台南での4泊はすべてシルクスプレイス台南にしました。

台南にある5つ星ホテルの中では比較的割安だったことが決め手です。(エクスペディアだと中途半端に4.5つ星となっています。)

2014年にオープンした新しいホテルなので、チャレンジャーとして頑張っている、なかなか良いホテルだなと思いました。

色々な角度からシルクスプレイス台南の感想をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ホテル設備

レセプション

夕方にホテルに到着しましたが、チェックイン待ちの列ができており、処理が若干遅いように思いました。待ちができているのであれば、ロビーの席に案内してくれても良さそうなものですが、特にそういう対策はなく、自分の番がくるのを待ちました。

チェックインの対応は普通だと思います。日本語が通じる人は少ないようですが、必要であれば日本語が話せる人を呼んでくれます。日本人の方も1名(?)いらっしゃるようで、男性の方を見かけました。

チェックイン手続き中に冬瓜茶を出してくれました。甘い冬瓜茶は台湾のいたるところで飲みましたが、ここの冬瓜茶がいちばん美味しかったです。(立ち飲みになるのが気になりましたが・・・ロビーの席に案内するような対応フローは無いようです。)

 

シルクスプレイス台南

ロビーには琴が置いてあり、ときどき生演奏していて高級感があります。

2014年オープンだけあって、ロビーも廊下も部屋もピカピカで綺麗です。

部屋

ファミリールーム(ツイン)の部屋にしました。40平米なので、かなり広々としています。

驚いたのはバスルームで、洗面台・湯船・トイレがドア無しで配置されています。さすがにシャワールームは水が飛び散らないようにガラスのドアがあります。

よく言えば開放的・バリアフリー、悪く言えば落ち着かないという感じです。

トイレはウォシュレット付きで紙も流せます。台湾では珍しいですが、さすがに新しいホテルだけあってこのトイレなら日本人も大丈夫です!

部屋については公式サイトやホテル予約サイトで写真入りで紹介されていますので、ここからは紹介されていないことを書きたいと思います。

 

シルクスプレイス台南

ウェルカムサービスとして果物が用意されていました。りんご1つとキウイ2つです。

ただし、皮を剥く果物ナイフは無く、食事用のナイフのみなので、食べるのがかなり難しいです。

 

シルクスプレイス台南

ミネラルウォーターも豊富に用意されており、写真を取り忘れましたが冷蔵庫内の飲み物もフリーです。コカコーラ、コカコーラゼロ、スプライト、ポカリスエットの4缶が入っていました。

さらに、冷蔵庫には顔パックも入っており、これも使うことができます。女性には相当ありがたいと思います。

 

シルクスプレイス台南

コーヒーについては、ネスプレッソのカプセルコーヒーが4つあります。濃いめのコーヒーが好きな方はコチラをどうぞ。

 

シルクスプレイス台南

インスタントコーヒーもあります。濃いめのコーヒーが苦手ならこっちですね。

以上でご紹介した全てのものが毎日清掃時に補充されました。毎泊同じ料金を払っているのだから当たり前といえば当たり前なのですが、実際には初日だけというホテルもある中で、シルクスプレイス台南ではしっかりとサービスしてくれました。

アメニティ

シルクスプレイス台南

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、石鹸です。

台北で有名な沐蘭ムーラン・スパのものだそうで、香りも性能も文句ありません。

 

シルクスプレイス台南

ローション、歯ブラシ、ひげそり。

乾燥肌なので、特にローションはありがたかったです。1日1人1本使えるので、体全体を保湿するには十分です。

普通のアメニティは一通り揃っているので困ることは無いと思います。

特に嬉しいのはローションと冷蔵庫内の顔パックだと思います。それなりに良い品を毎日たっぷりと使えるのは贅沢気分に浸れます。

ジム・プール

シルクスプレイス台南には、4階にジムと屋外プールがあり、自由に使うことができます。

ジムには、ダンベル、エアロバイク、ランニングマシン、バランスボールがあります。毎日のように夕方にジムに行っていましたが、設備が少ないためか利用者も少ないです。

また、ジムの反対側には屋外にプールがあります。4月上旬で暑い気温ではありませんでしたが、子供連れの家族がプールに入っていました。

そんなに深いプールではありませんし、常にホテルの監視員がいるので、子ども連れでも安心だと思います。

スポンサーリンク

レストラン

朝食は2箇所のレストランでブッフェ形式で食べることができます。1階の洋食レストランと、2階の台湾食レストランです。

また、ディナーも1回だけ利用したのでご紹介します。

朝食ブッフェ:洋食編

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

サラダゾーンです。

ホテル予約サイトの口コミに、サラダバーがイマイチ・野菜が古いという書き込みがあったのですが、僕たちが食べたときはそんなことは全然なく、新鮮で美味しい野菜でした。

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

野菜サラダをとってきたところです。台湾では生野菜を食べる機会がほぼ無いので、安心して美味しい生野菜を食べられるのは嬉しかったです。

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

基本的には洋食ですが、台湾式のお粥や味噌汁もあります。

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

おかずゾーン・・・蓋がされているので写真の見栄えが悪いです・・・。

卵料理やソーセージ、温野菜などがあります。

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

パンゾーン。クロワッサンやクッキー、パイなどもあります。

サラダ以外に特筆すべきところは特に無いと思います。かと言って悪いところも特に無いと思います。

朝食ブッフェ:台湾食編

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

4泊中3回は洋食を食べましたが、1回だけ台湾食の方にも行ってみました。

2階のレストランですが、奥まった場所にあるのでエレベーターを降りてから案内にしたがってしばらく歩きます。

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

おかずゾーン。台湾式なのかよく分からないですが・・・

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

こちらのレストランではさすがお粥の種類が豊富です。

 

シルクスプレイス台南 朝食バイキング

お粥とおかずと牛肉スープの朝ごはんになりました。

この中で唯一特筆すべきは牛肉スープだと思います。牛肉自体はかなり美味しいです。日本でしゃぶしゃぶ用のちょっと良いお肉を食べている感じです。ただ残念なのはスープがコンソメのようで伝統的なテールスープではありません。コンソメの方が食べやすいということなのでしょうか?個人的にはちょっとガッカリしました。

ディナー

ホテル内のレストランでディナーを食べようかと思い立ち、中華レストラン『晶英軒』へ行ってみたのですが、なんと予約で満席。

その日は諦めて翌日の予約をしました。

高級感が漂っていますが、意外にリーズナブルで人気のレストランのようです。

▼中華レストラン『晶英軒』について詳しくはコチラ

【台南】シルクスプレイスの中華レストラン『晶英軒』でディナー
シルクスプレイス台南の2階にある中華レストラン『晶英軒』にふらっと行ってみました。 ・・・が、なんと予約で満席。 そんなに人気があるのかと思いつつ、翌日の予約をとって帰りました。 そして翌日。いざ『晶英軒』に行ってみました...
スポンサーリンク

立地

高鉄台南駅からシャトルバスが便利

台北から新幹線で台南入りした僕たちは、高鉄台南駅からシャトルバスに乗ってシルクスプレイス台南までやってきました。

シャトルバスのバス停(小西門)から歩いてすぐのところにありますので、とても便利でした。

▼シャトルバスについて詳しくはコチラ

【台南】新幹線駅からシルクスプレイスまで無料で往復する方法
台北から台南まで新幹線の旅はとても快適でした。 新幹線で到着する高鉄台南駅から、まずは宿泊先ホテルであるシルクスプレイス台南へと移動することにしました。 しかし、この高鉄台南駅は中心地からは少し離れており、電車・タクシー・バスな...

隣の新光三越が便利

隣には新光三越という百貨店があります。

ユニクロや無印良品といったお馴染みのお店もあるので、何か買いたいときにも使い勝手が良いと思います。

地下にはフードコートもありますので、ここで食事するのも良いです。

▼『新光三越』のフードコートについてはコチラ

【台南】シルクスプレイス台南の隣『新光三越』の地下フードコートは便利
シルクスプレイス台南に4泊したのですが、食事にはなかなか悩みました。 というのも、牛肉スープのお店などが立ち並ぶ屋台街までは徒歩10分ほどかかるので面倒になり、ホテルのレストランはそれなりにお高いのです。 遠くの安い屋台街か、近...
スポンサーリンク

総合レビュー

2014年オープンの新しいホテルだけあって、清潔さや快適さはとても良いと思います。立地も申し分ないです。

その割に値段がリーズナブル(17,350円/泊)で満足感は高いです。

1つだけ文句をつけるとすれば、朝食ブッフェがもう少し美味しいと良いなあと思いました。不味くはないのですが、取り立てて美味しいということもなく・・・。

朝食なしにして他のお店で食べるというのもアリだと思います。

とは言え、シルクスプレイス台南に4泊して総合的には満足しました。台南に行かれる方にはオススメします。

生活
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー