台湾を感じるローカル食堂へGO!「建宏牛肉面」

グルメ

北門駅の近くを散策中、「牛肉麺」の看板を発見。しかも「24H営業」っていうところがローカル感を煽ります。覗いてみると、とても広々とした店内で、まぁまぁ席が埋まっていました。地元の人気店かな?昼時なのでさっそく入ってみました。

スポンサーリンク

地元の愛され食堂

牛肉麺で幼い日の記憶がよみがえる?

台湾ってどこのお店も大体壁に大きくメニューが貼ってあって、とても分かりやすいですよね。書き方もシンプルだし。

牛肉麺[中](100元=約370円)

もちろん店名の牛肉麺をオーダー。味は…普通です。

このやわらかい麺、昔食べたことがあるような…あ、給食の袋麺だ!と一人で納得。(でも、袋麺よりさすがに美味しいかな…)

牛肉は味が染みているけどホロホロ系じゃなくて、少し筋張っていて歯ごたえも残っています。スープはそこまで濃くなくて優しい味。体調のすぐれない日でもイケそう。

客層は地元の学生から肉体労働者まで(肉体労働者多め)

小菜2皿(40元=約150円)

小菜はガラスケースにたくさん入っている中から、自分で好きなものを取るスタイル。(「请自取=自分で取って下さい」と張り紙が)だからお会計は珍しく後払いみたいです。

押し豆腐が好きなので選択。あとは野菜不足の体にピリ辛キュウリ。

しかし、二つとも味が濃い!…喉が乾きます。

周りを見渡すと工事現場のおっちゃん達がいっぱい。塩分取らないとですもんね。しかも、24H営業だから、夜はみんなお酒飲みながらこの小菜をつまむんだろうな。それは味濃いわ。納得です。

ちょっと脱線しますが、私が押し豆腐を初めて食べたのは渋谷の台湾料理店「故宮」というお店でした。パクチーが乗ってて、ごま油が利いてて、シンプルな塩味。初めて食べてすごく美味しかったのでよく記憶に残ってます。やっぱりファーストコンタクトが良かったかで、好物って決まるんですよね。

水餃子10個(60元=約220円)

これは正直、個人的には牛肉麺より美味しかったかも?10個ペロリと食べれちゃう軽さ。さっぱりしていていいです。

日本は焼き餃子文化。焼きの薄皮もいいけれど、水餃子の皮厚めのプリプリもっちり感はたまりません。

ちなみに、私の水餃子初体験は東京・江古田の「山東餃子本舗」。つまり、これもファーストコンタクトが良かったんです。美味しかった!

台湾は調味料ちょい足し天国

どのテーブルにも、ものすごく大きな調味料や高菜のようなものが、ドン!ドン!ドン!とおいてあります。台湾人って、みんな結構大胆に味を変えちゃうんですよね。先日レポートした「阿宗麺線」もそうだったもんな。

いや、日本でタイ料理屋とかに行っても同じくテーブルは調味料だらけだし、もしかしたら、アジアの中では日本がマイノリティーかも?

台湾でよく見かける「冬瓜茶」ってなに?

そして、食事も終盤になってから、お店の奥にセルフのお茶を発見!もっと早く知りたかった…。さっきから、濃い味で喉乾きまくってます。まぁ食後のお茶ということで。

うん、甘い…甘いぞ…!?

これは先日レポートした、全家(台湾のファミマ)で買った「冬瓜茶」の味と同じような…。

結局「冬瓜茶」ってなに?と調べところ、冬瓜に黒砂糖を加えた飲み物だそう。効能的には体を冷やす効果があるみたいです。つまり、お茶じゃないらしい…異国では、日々勉強です。

建宏牛肉面

グルメ
スポンサーリンク


オススメの記事



台北ストーリー