中国語版TOEIC=「HSK」を受験してみた!

中国語

中国語を勉強するにあたって、具体的な目標があるとやる気が出ますよね。私が実際に受験した「HSK」についてお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

「中国語検定」と「HSK」

より実用的なのは「HSK」

中国語の語学試験には、主に「中国語検定」と「HSK」があります。

わかりやすく英語に例えると…

「中国語検定」=英検

「HSK」=TOEIC

ということみたいです。

中国語の語学教室のwebサイトなどがいくつもあって、ざっとみたところ「HSK」の方がより実用的ということでしたので、とりあえず「HSK」を受験することにしました。

まずは自分のレベルを知る

HSKの公式サイトに各級の紹介が載っています。

1級~6級まであるのですが、最初に驚いたのが、1級(レベル低い)⇔6級(レベル高い)ということ。普通、逆ですよね。

上記、公式サイト内に「レベルチェックテスト」が付いているので、ある程度学習が進んだら力試しにやってみましょう。

ちなみに、中国語検定のほうは準4級~1級まであります。こちらは普通に1級が一番レベルが高い級です。

スポンサーリンク

HSKは過去問が重要

HSKの問題構成

HSKの問題構成は

聴力=100点/読解=100点書写=100点 ⇒300点満点

※180点以上で合格

マークシート式+記述式で、聴力試験(要するにリスニング)は、話していることをすべて理解する必要はなく、ある程度コツがあるので、それを過去問でつかむのが良いと思います。

問題量が多く、時間内に終わらせることがとても重要ですので、時間を計りながら過去問集をやってみましょう。

私は(3000円くらいするけど…)CD付きの過去問集を買って、収録されている5回分をやりました。

結局、自分のレベルを知るのは難しい

過去問集をオススメするのには理由があり…

実は先ほど紹介した「レベルチェックテスト」には聴力試験がまったく入っていないのです。聴力試験には100点の配点がありますので、要素としてかなり大きいですよね。

私は「レベルチェックテスト」をやった後に2級のCD付き過去問集を買ったのですが、自分のレベルとのずれを感じて、失敗したな~と、結局3級のを買い直しました。2級の過去問集は即ブックオフ…(でも結構高く売れました!)

3級の過去問集に収録されている5回分中、最初の1回目をやってみた際には約6割(合格ラインギリギリ)しか取れなかったのですが最後5回目をやる頃にはコツをつかんでいて、9割取れるようになっていました。

しつこいですが、過去問をやることはとても重要です。

スポンサーリンク

HSKの実施について

HSKはほぼ毎月実施している

まず、HSK公式サイトで試験の実施スケジュールを確認してみましょう。

首都圏の場合、なんとほぼ毎月実施されています。大きな都市でも結構実施が多いです。ただ、私の住む金沢では実施は12月のみ…ちょっと残念。

試験を申し込んでみよう

2カ月前くらいから申し込みを開始するので、お住まいの地域に近い会場での実施があるかを確認しつつ、申し込んでみましょう。

実施スケジュール内の該当試験の「申込受付中」ボタンを押せば簡単に申し込みできます。

申し込んじゃったら後戻りできないので、勢いで申し込んじゃいましょう。笑

当日の注意点・持ち物なども詳しくHSK公式サイトに載っているので、よく読んで試験に備えてください。

スポンサーリンク

その他HSKの試験対策

おすすめ!HSK単語アプリ

HSK各級のレベルに対応した単語アプリでオススメしたいのが「究極中国語」です。

3カ月に一度、480円程度の自動課金がありますが、十分価値はあると思います。

ご覧のように1級~6級まで必須単語がカバーされていて、テスト形式で楽しく学習できます。

HSK単語の他にも色々な機能があるのですが、私は「マイコンテンツ」をよく使います。自分の覚えたい単語を登録して蓄積していき、テストが出来るのでGOODです。一度間違えると何度もしつこいくらい出題してくるので覚えます。

気になってます…「キクタン中国語」

ネットでも評判がよく、本屋さんでも常に平置きされている「キクタン中国語」。「究極中国語」アプリでとりあえず足りているので購入には至っていませんが、毎回本屋さんで見いってしまう…。とても見やすいし、例文もいい感じです。

本だとかさばるので持ち歩きが面倒で…単語学習はやっぱりアプリかなぁーと購入までは至ってないのですが、とても気になってます。

スポンサーリンク

具体的な目標で学習が進む!

やっぱり、試験を申し込んじゃうと焦りますよね…私もそうでした。でも、上達するにはある程度自分を追い込むことが必要かと思います。私も定期的に受験申込して、最終的には6級取得できるように自分を追い込みつつ頑張ります。我们一起努力吧!

中国語
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
台北ストーリー