台湾で困るコーヒー事情:UCCドリップコーヒーを買った

コーヒータイムショッピング

台湾に来て1週間経ち、少し困ったことが起こっています。

僕(と妻)は、家でカフェオレを作って飲む習慣があるのですが、台湾に来て、コーヒーが高い!牛乳が高い!となっています。

具体的にどうなっているのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

台湾のコーヒーは思ったより高い

コンビニやカフェ

一般的に台湾の物価は日本より安い!というイメージがあると思います。

確かに屋台や食堂は安いのですが、物によっては日本とさほど変わりない場合も多いです。

その中の1つがコーヒーです。

セブンイレブンは店頭でコーヒーを販売していますが、カフェラテの値段は35元(120円)~55元(200円)くらいと日本と変わりません。

セブンイレブンのコーヒーメニューがこちら。いちばん上がアメリカン、2番目がカフェラテです。

台北 セブンイレブン コーヒー

 

また、ちょっと洒落たカフェに行ってみたのですが、カフェオレが150元(570円くらい)とこれも日本と変わらない値段です。

スーパーでコーヒーを探してみた

そして日本を超える値段なのが、スーパーのコーヒーです。

そんなはずはない・・・と思って必死に全ての商品を見て回ったのですが、ドリップコーヒーでいちばんお得だったのがUCCのコーヒーです。

日本からの輸入品だから高いのだろうという訳でなく、台湾産のドリップコーヒーはもっと高かったんです。

UCC ドリップコーヒー

これは、1箱12袋入りの商品で、2箱で199元(760円)でした。1杯あたり30円強の計算になります。

日本の1.5倍くらい高い計算になるんですよね。。

例えば、日本ではUCCドリップコーヒーの18袋入りの商品が同じくらいの値段で、Amazonや西友で売っています。これだと1杯あたり20円くらいになります。

スポンサーリンク

台湾は豆乳文化

外食でもスーパーでもコンビニでも基本は豆乳

台湾の朝食として有名なのは、暖かい豆乳にあげパンのような油條を浸して食べる料理です。

また、外食に行ってもドリンクとして暖かい豆乳があったり、スーパーやコンビニでも豆乳のボトルがずらりと売られています。

台湾 豆乳 低糖

買ってみた豆乳がこれです。2Lで59元(220円)です。

日本だと1Lで200円強くらいですので、半額くらいではないでしょうか?

牛乳はかなり高い

スーパーやコンビニでは牛乳も売っています。

しかしこれが高い!

400mlくらいのパックで200円くらいしますし、1Lくらいのパックで300円くらいします。日本の2倍くらいの値段ではないでしょうか?

もっと割高なセブンイレブンの牛乳は、1Lパックで87元(330円)です。

台北 セブンイレブン 牛乳

スポンサーリンク

ということで台湾ではソイラテを飲んでます

ここまでをまとめると、台湾では、

  • コーヒーは日本と同じかちょっと高い
  • 豆乳は半額だけど、牛乳は2倍する

ということです。

日本ではカフェラテを飲んでいた我々ですが、台湾ではソイラテを飲むことになりました。

安いコーヒーや牛乳があったらぜひ教えてほしいです。

ショッピング
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー