台湾モバイルのSIMをインターネットでチャージする方法

台湾モバイル SIM チャージ生活

台湾モバイルでプリペイドSIMを購入し、SIMフリーのタブレットに挿入してインターネットを使っていました。

▼プリペイドSIMの購入についてはコチラ

桃園空港ではなく台北市内でプリペイドSIMを購入した理由
地図を見たり、お店を調べたり、旅行中でもスマホは必需品です。 海外旅行では、国内キャリアのSIMを使うと国際ローミングとなるため、通信料金が高額になってしまいます。 そこで台湾キャリアのプリペイドSIMを購入し、SIMフリーのス...

 

プリペイドSIMを購入した際には、計量型の1.2GBプランで300元でした。

この1.2GBは2週間ほどで使い果たしてしまったので、インターネットでチャージしてみることにしました。

嬉しい誤算あり、困ったことありだったので、チャージする方法とあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

プリペイドSIMをチャージする方法

手順1:台湾モバイルのWEBサイトへ

台湾モバイルの英語版WEBサイトへ行きます。

というのも、理由は2つあります。

  • 中国語よりも英語の方が理解しやすい(語学力の理由)
  • 中国語版WEBサイトは更新が多く、手順解説が分かりにくくなる(整合性の問題)

語学力の問題ですが、中国語は漢字だから分かりやすいと思ったら大間違いで、英語の方がよっぽど分かりやすいです。中学・高校英語で十分です。

次に整合性の問題ですが、当然ながら台湾モバイルの本家WEBサイトは中国語版であり、このサイトは更新が多いため、手順を解説しているWEBサイトとは見た目が異なってしまうことが多々あります。一方で、英語版WEBサイトは簡易な作りで修正もあまり行われないので、以下で解説する手順が長く役立つと思います。

ということで、英語版WEBサイトがこちら。

台湾モバイル SIM チャージ

Product & Service → Prepaid Service → Internet Packagesと進みます。

すると、インターネットでチャージできるパッケージプランが表示されます。

台湾モバイル SIM チャージ プラン

後から分かるのですが、これはプランの基本パッケージであり、他におまけがつくプランもあるので、ここで悩んでもあまり意味はありません。

一応、上から順に説明しますと、250MB/50元、1.2GB/180元、2.2GB/300元、5GB/699元、8GB/1,000元というプランになっています。

手順2:e-storeにログインする

上記のプランの説明の右端にあるe-storeをクリックします。

どこをクリックしても同じです。

するとログイン画面になります。

台湾モバイル SIM チャージ ログイン

電話番号とパスポート番号でログインする仕組みです。Security Codeとは下に出ている数字を入力すればOKです。

ここで困った問題が発生。電話番号が分からない・・・。

プリペイドSIMを購入してタブレットにセットしてもらいましたが、その他には何も渡されなかったのでSIMの電話番号が分かりませんでした。

タブレットの設定や、メニュー0というアプリで調べても不明。

結局、タブレットから日本のSIMの入ったスマホに電話をかけることで解決しました。

手順3:プランを選択する

台湾モバイル SIM チャージ プラン

ログインすると、まず1番上に現在のSIMの状況が記載されています。

Free Airtimeは電話料金の残りです。上の画像ではもはや0.0172元しか残っていないので実質的に電話はできません。

The Remaining Data Usageはデータ量の残りです。上の画像では約2GB(2,000MB)が残っており、2018年の4月11日まで使うことができます。

こちらがプランです。

台湾モバイル SIM チャージ プラン

ログイン前と比べて明らかにプランが多いです。おまけのついたプランもあります。

上の区切りから順番に説明します。

Special OffersはDouble Packageとなっていて、電話とデータの両方をチャージできるプランです。

VoiceはCall Costsとなっていて、電話のみをチャージできるプランです。

Dataは2種類になっていて、Volume Plansは計量型でデータのみをチャージできるプランです。また、Day Plansは計日型でデータのみをチャージできるプランです。

計量型とはデータ量を使い切るまで使えるプランであり、計日型とはデータ量は無制限で日数が経過するまで使えるプランです。

OthersとしてIntra-Networkプランがあります。これは台湾モバイル同士の通話に使えるプランです。

嬉しい誤算として、DataのVolume Plansには追加でデータ量がもらえる、おまけつきプランがあります。

例えば、2.2GB/300元のプランには追加で1GBのデータ量がもらえます。つまり、合計すると3.2GB/300元プランとなります。

手順4:クレジットカードで決済

台湾モバイル SIM チャージ プラン

プランを選んだらクレジットカードの情報を入力して決済します。

その際には、確認メールを受け取るためにEmailを入力しておきます。

Electronic Receiptは宝くじつきのレシート発行の選択です。Citizen Digital Certificateは市民番号なので我々日本人には入力できません。Mobile Certificateは電話番号認証なので選択できるのかも?よく分かりません。ということで、Donate=寄付を選択しておきました。

決済が完了するとメールが届き、プリペイドSIMが選択したプランによってチャージされます。

これにてプリペイドSIMをチャージする手順は完了です。

スポンサーリンク

長期滞在にお得な料金プランは?

それでは次に、長期滞在にお得な料金プランについて考えてみたいと思います。データ利用量や電話利用料は人によって変わると思いますが、1例としてご参考にしてください。

プリペイドSIMの購入

プリペイドSIMの購入については別記事に詳しく記載しましたが、1週間未満の滞在であれば計日型プラン(データ利用量は無制限で日数によって料金が異なるプラン)でOKだと思います。

一方で、1週間以上の滞在であれば計量型プラン(データ利用量によって料金が異なるプラン)にした方がお得です。

▼プリペイドSIMの購入についてはコチラ

桃園空港ではなく台北市内でプリペイドSIMを購入した理由
地図を見たり、お店を調べたり、旅行中でもスマホは必需品です。 海外旅行では、国内キャリアのSIMを使うと国際ローミングとなるため、通信料金が高額になってしまいます。 そこで台湾キャリアのプリペイドSIMを購入し、SIMフリーのス...

 

僕の場合、1.2GB/300元プラン(電話10分付き)で、2週間ほど使うことができました。ブラウジングやGoogle Mapが主な利用です。

2週間以上の長期滞在となると、最初によりデータ量の多いプランでSIMを購入するか、インターネットでチャージする必要があります。

インターネットでチャージする方がお得

プリペイドSIM購入時に選択できるプランと、インターネットでチャージするプランは異なるのが悩みどころです。

プランを表にまとめてみます。チャージ時に選択できるプランについては、お得なおまけつきプランのみを記載しています。

プランを選択できる時内容金額1GB単価
購入時1.2GB300元250元
2.2GB500元227元
8.0GB1,000元125元
チャージ時1.5GB180元120元
3.2GB300元94元
8.0GB699元87元
13.0GB1,000元77元
20.0GB1,399元70元

まとめると、

  • SIM購入時に選択できるプランは電話料金も込なので、データ量だけで見ると割高になる
  • データ量が大きいプランになるほど、データ量単価が安くなる

ことが分かります。

オススメのプリペイドSIMプラン

電話を使わない場合、データ量だけで考えると、SIM購入時は最も安い1.2GB/300元にしておき、利用状況に応じて必要なデータ量をチャージするとお得だと考えられます。

そして、僕の場合では、1.2GBは2週間ほどで利用し尽しました。

これらの検討から、プリペイドSIMプランは以下の内容がオススメできます。

滞在期間SIM購入時プランチャージ時プラン
1週間未満計日型プラン
1週間1.2GB/300元
2週間1.2GB/300元
1ヶ月1.2GB/300元1.5GB/180元
2ヶ月1.2GB/300元①3.2GB/300元
②1.5GB/180元
3ヶ月1.2GB/300元①3.2GB/300元
②3.2GB/300元
または
8.0GB/699元

※①:1回目のチャージ、②:2回めのチャージ

スポンサーリンク

プリペイドSIMを購入して利用状況をみながらチャージする!

オススメのプランはあくまで、1.2GBを2週間で消費する場合の試算です。

人によってインターネットの利用状況は異なると思いますので、SIM購入時のプランを1.2GB/300元にしておき、その1.2GBがどれくらいで消費するか利用状況を確認しておきましょう。

そしてその消費日数と、滞在残り日数から、次にチャージするプランを決めれば良いと思います。

台湾モバイルのプリペイドSIMをお得に利用して、台湾でも快適なインターネット環境を使いましょう!

生活
スポンサーリンク


オススメの記事



taipei.storyをフォローする
台北ストーリー