海外でも電話するならSMARTalkがオススメ!でも、事前に設定変更しないと面倒なことに

国際電話 生活

海外に行ったときでも、「日本の家族や職場に電話したい」「現地のお店を予約するために電話したい」などのシーンがあると思います。

また、テクニカルですが「海外キャッシングの早期返済のためにカード会社に電話したい」というのもあります。

一方で、日本のケータイキャリアの国際電話は高いですし、実は現地のプリペイドSIMでもまだ高いです。

これらの方法より安くするのが、050IP電話であるSMARTalkを使う方法です。SMARTalkであれば、国際電話をかけても一律30秒8円!という安さです。

海外滞在時に国際電話を安価に利用する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

SMARTalkで通話料を安くしよう!

SMARTalkとは

SMARTalkとは、楽天コミュニケーションズが提供する050IP電話サービスです。iPhoneやAndoridスマホにアプリを入れて使うことができます。

SMARTalkの公式WEBサイト

IP電話とはインターネット回線を利用して電話をかけるもので、LINE通話と同じような仕組みです。

いわゆる普通の電話は、インターネット回線とは別の、電話回線を用いて電話をかけるので品質が高い分、値段も高いという訳です。

とはいえ、インターネット環境が高速化している現代、IP電話でも十分に会話できる品質になってきていますし、何より安いので利用しない手はありません。

IP電話ですのでインターネット回線が必要ですが、最近は、ホテルでもAirbnbでもwifiが完備されていますし、海外滞在時でもIP電話をかけるには困らないと思います。

SMARTalkのメリット

1番のメリットは、初期費用・月額基本料が0円で050番号を入手できることです。このメリットがあるのはSMARTalkだけのようで、他のサービスでは維持費用が発生します。

つまり、維持費用をかけることなく、自分の電話番号をもつことができます。

また、auなどの国内キャリアの090または080の番号は、海外滞在時は着信でも料金が発生しますが、050番号にかけてもらえば着信料金は発生しません。

また、国際電話の料金がとても安い(というか、国内に居るのと同額)なのも魅力です。詳しく比較したいと思います。

国際電話の料金比較

普通の国際電話は結構高いです。例えばauのiPhoneでは、通話1分あたり、滞在国内70円、日本あて175円、着信145円となっています。(2018年2月時点)

また、現地キャリアのSIMを購入することで、滞在国内の通話は少し安くなります。台湾モバイルのプリペイドSIMでは10分で100元(380円)でした。

▼台湾モバイルのプリペイドSIMについてはコチラ

桃園空港ではなく台北市内でプリペイドSIMを購入した理由
地図を見たり、お店を調べたり、旅行中でもスマホは必需品です。 海外旅行では、国内キャリアのSIMを使うと国際ローミングとなるため、通信料金が高額になってしまいます。 そこで台湾キャリアのプリペイドSIMを購入し、SIMフリーのス...

 

それに比べて、SMARTalkの国際電話は、海外から日本へかけても、滞在国内へかけても、一律で30秒8円です。

SMARTalkの公式WEBサイト(国際電話について)

台湾を例に1分あたりに直して比較してみます。

台湾→日本 台湾国内 日本→台湾(着信)
au 175円 70円 145円
台湾モバイル 38円
SMARTalk 16円※ 16円 0円
(発信側料金のみ)

SMARTalkが安いのが一目瞭然です。

※SMARTalk同士など、050番号へかけるときは無料です。

スポンサーリンク

SMARTalkで国際電話をかけるには設定変更が必要!

海外でSMARTalkを使うには

ということで、国内だけでなく、海外でも大活躍するSMARTalkなのですが、海外で使うには実は設定変更が必要です。

マイページへログインし、各種設定→国際電話設定で確認できます。

デフォルトでは無効になっているため、これを有効にする必要がありますが、コールセンターへ電話をかけて設定を有効にしてもらいます。

日本国内で設定変更しておく必要あり?!

コールセンターの電話番号はフリーダイヤルになっており、海外からかけることができません。(フリーダイヤルは海外から着信しないのです。)

僕は、海外(台湾)に着いてから国際電話設定の存在を知り、コールセンターに電話しようとしたのですが、やはり、かかりませんでした。

そのため、いちばん良いのは日本国内に居る間にコールセンターへ電話して国際電話設定を有効にしておくことです。

それでも諦めきれなかった僕は、楽天コミュニケーションズにWEBの問い合わせフォームから国際電話設定を有効にしたいが、すでに海外に居るためフリーダイヤルに電話できない旨を連絡しました。

すると!

翌日に、海外にいる場合はこちらに電話してくださいと050番号を案内していただけました!(WEBサイトのどこを探してもその案内は無かったので番号は非公開とさせていただきます。)

もしすでに海外に来てしまって困っている方は、問い合わせフォームから連絡してみてください。

※この場合、携帯電話(090番号)に折り返しで電話がかかってくることになるので、国際電話の着信分の料金が発生してしまいます。やっぱり、事前に日本国内で済ませておくのが良いです。

スポンサーリンク

まとめ

「日本の家族や職場に電話をしたい」「現地のお店を予約するために電話したい」「海外キャッシングの早期返済のためにカード会社に電話したい」ときには、050IP電話のSMARTalkがオススメ!という話でした。

▼海外キャッシングの早期返済についてはコチラ

台湾への持ち物を紹介!1人3役をこなすクレジットカード
決済、現金引き出し、保険の3役をこなす大活躍となるのがクレジットカードです。 できれば複数枚を用意しておき、旅行に行く前には内容を確認しておいた方が良いと思います。 僕の場合、VISAブランドのau WALLETカードと、JCB...

 

気をつけていただきたいのは、事前に国際電話設定を有効にするためにコールセンターへ電話する必要があることです。日本国内で済ましておくのがベターですが、海外からでも別番号を案内してもらえるので設定することはできます。

050IP電話を使って、国際電話も安く済ませましょう~!

生活
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
taipei.storyをフォローする
台北ストーリー